上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々の停電…

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

四代目、土井優慶です。


昨日の美瑛町は朝から晴れていたのに、

夕方過ぎから突然天気が崩れ、大雨と雷に見舞われました…。

だんだんと雷の音が近づいてきたと思ったら、

突然停電…(>_<)!


冷蔵庫も止まり、自動ドアも止まり、

唯一動いていたのは、無停電装置付きのレジだけでした。

昔、近くの電柱に雷が落ちた時には、

電流が過多に流れ込んだせいか、

電話、自動ドアは基盤がイカれて大変な事になりましたが、

今回は被害もなく、本当に良かった。


当時、店内にも数名のお客様がいらっしゃいました。

そのお客様には大変なご不便をおかけしてしまい、

申し訳ございませんでした。


停電と言えば、

北海道でも計画停電の検討が行われているそうです。

さらに今年の夏は猛暑の場合、北海道でも7%

節電を目標にするそうです。

考えてみれば今まで湯水のように電気を使っていた日本人、

その裏側では原発の恩恵があったことを振りかえらなければなりません。

原発が全停止している今、

そしてあの3.11のメルトダウンの恐怖を忘れないうちに、

私達も生活を改めなければならないですね。



さて、今日のお酒は長野県の千曲錦酒造さんの「帰山」です。


・帰山 番外超辛口純米 1.8L 2,940円


帰山 番外超辛口純米


 香りは少なめ、

 まず「帰山(千曲錦の蔵)」シリーズは平均的に甘口のお酒だが

 この番外はその中でも辛口として存在感を表す。

 口に含むと、しっかりしたリンとしたキレがまず

 舌に乗り、枯れをともなったドライでシャープな辛口が

 パッと広がる。

 しかし、幾重にも盃に口に運ぶとその辛口さが、

 単純に「辛い」と一言では表現できない「うまみ」を

 ともない、その味の広がりに感動する。

 甘口の酒を造る蔵だからこそ辛口のノウハウを知り尽くしている…

 飲み手に「買ってよかった」「飲んでよかった」の気持ちを

 抱かせる酒造りはやっぱりさすがだとおもえる一本
春ならでは


いつもブログをご覧いただきありがとうごさいます。


桜の季節もあっという間に開花し散ってしまいましたね。

店の街路樹に八重桜が一本あり今が見頃を迎えています。

最初は楓が植樹されていたのですが枯れてしまい、社長の父が

植えたものです。



春ならではと言えば山菜ですよね。

早速、蕗と独活の酢味噌和えを母が作ってくれました。

実は結婚当初は山菜が苦手で食べられなかったのですが

無理をして食べていました。(少しだけ

時が過ぎ、今では春になると待ち遠しい山菜の一つに

なりました。あの味がくせものだったのですが

不思議なものです。最初に食べた人は勇気がありますね。

先日もトリカブトを間違って食べて中毒死した事件が

ありましたよね。

自分では取りに行きませんけど、見慣れない山菜は

やっぱり食べたくないなあーと思います。



美瑛も山菜が豊富なところでマイカーでとりに来られる方

がいっぱいいます。帰り道当店へお越しいただいて

「泥靴なんだけどはいってもいいかい」なんて会話も

ちょくちょくあります。大歓迎です。いつでもいらして下さい。

お待ちしております。


さて本日のお酒は長野県佐久市 千曲錦酒造さんのお酒です。

千曲錦 純米大吟醸原酒 山田 伍拾磨き

 1.8L 3.465円



千曲錦 純米大吟醸 山田50原酒


 昨年より年1回、5月に限定発売され、このラベルの

 表示で「山田」と読ませる。信州の緑(自然豊かな山、田んぼ)を

 表しています。

 昨年、大好評をいただき、この価格で純米大吟醸は大変

 お買い得であっという間に完売しました。

 香り豊かでフレッシュ、口に含んでの第一印象はキリッと

 した辛口としっかりとした味感の輪郭がスッと舌の上に組み立つ。

 堂々としたコク、オシ、キレのあるシャープな酸とのバランスが

 抜群で久しぶりに骨格に無駄な贅肉のないうまさ冴えわたる

 辛口純米大吟醸を味わった。

 この主張をもってこの蔵の主張がよく表れている。

 刺身よりも山菜の天ぷらや串あげ、焼肉、中華など

 味の濃い料理にぴったり。
 

 アルコール度数 17℃

 日本酒度 +2前後

 酸度 1.5%

 精米 50%
世代交代

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

四代目、土井優慶です。


先日は親族の葬儀のため、

臨時閉店や、開店時間の変更など多くのお客様に

ご迷惑おかけしましたこと、深くお詫び致します。

また、ゴールデンウィーク中には遠路遥々のご来店、

本当にありがとうございました。


話は変わりますが、ここ数日、毎日のように

所用で旭川に行くことが多く、

その通り道に、新しい居酒屋さんがオープンしていました。

そこは大学時代によく飲みにいっていたお店があったところです。

いつの間にかお店が変わってしまっていたことに

どこか寂しさを覚えます…



最近は新しい飲食店さんもたくさん増えてきています。

「是非土井商店さんのお酒を置かせてほしい」と

若い経営者の方が増えている一方で、

父が地酒に取り組み始めた頃…つまり30年来のお取引のあった

老舗の居酒屋さんがここ数年で何件か暖簾を下ろしました。

「景気が悪くてお客様が減って…」

という理由よりも、

「体を壊してしまって…」

という声が聞こえてきました。

考えてみれば、30年も商売をやってくれば、

それ相応に体にもガタがきてしまうのも仕方のないことですよね。


いつも発送の時に聞き慣れていたお店の名前が

もう聞けなくなってしまうのは本当に寂しいことです。

そんな私以上に、地酒を扱って以来の付き合いだった

父はなおさら“寂寞の思い”なのではないだろうか。


とにかく、30年もお取引させていただいたことに感謝。

そしてこれからお取引させていただく新しい出会いに希望を馳せて…



さて、今日はしっかりお酒の利き酒コメントが出来ます。

今日はゴールデンウィーク中に入荷した「磯自慢」です。


・磯自慢 特別本醸造 1.8L 2,980円


磯自慢 特別本醸造

 今年も待望の一本が入荷。

 全ての「磯自慢」がそうであるように、毎年微妙に進化している。

 それぞれの年の、すべての種類で優れる点が見られる。

 まず第一の印象だが、柔らかさが目立つ。

 いつものしっかりしたキレもあるのだが、それにもまして

 円やかでふくよかなコクと米の持つ力強さ、そして優しさ。

 今までは飲み手に対して身構えさせるようなブランドへの

 立ち振るまいもある意味あったのだが、それがなくなり

 ふところの深さを感じさせるようになった。

 優しさと円やかさ、ふくよかでふんわりと飲み手を

 包み込むようなコクと厚みもある。

 今までの辛口のシャープな酸のキレとサバケの良さも

 あるが、アルコール添加の酒らしからぬ味に

 何とも言えない感銘を抱く。
 
 恐るべし、七変化…「磯自慢」

 
御礼とお詫び


いつもブログをご覧いただきありがとうございます。


ゴールデンウィーク中、たくさんのお客様に
ご来店を頂き、ありがとうございました。
心より感謝申し上げます。


また、親族の葬儀のため連休中5月5日の臨時閉店
5月6日の開店時間の変更でご迷惑をおかけしたことを
心よりお詫び申し上げます。
当店へのお越しを予定にして下さっていたお客様も
いらしたことと思います。
本当に申し訳ございません。

またのご来店を心よりお持ち申し上げております。
ご来店のお客様へお知らせ


いつもブログをご覧いただきありがとうございます。


お客様へ大切なお知らせがございます。

大変申し訳ございません。
親族の葬儀出席のため、5月5日(土)は午後3時にて
閉店させて頂きます。
5月6日(日)は午後1時より営業致します。

遠路ご来店のお客様にはご迷惑をおかけいたしますが
宜しくお願い申し上げます。
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。