上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の終わり

夏が過ぎぃ~、風あざみぃ~

まだまだ心は「少年時代」の四代目です^^

皆様、ご無沙汰してしまい申し訳ありません。



今年の北海道は夏らしい天気はほとんどなく、

なんか春から夏をすっ飛ばして秋を迎えそうな雰囲気です。。。

夜になったらもう肌寒いくらい。。。

半そでを着ていたのは1か月くらいしかないんじゃないでしょうか?

土井家は既にもう長そで着用で仕事してます(笑)

従業員の姉さん方はパワフルなのでまだまだ半そででがんばってます^^



皆様は夏を満喫しましたか?

私は花火大会とビールパーティくらいですかね^^;

商売柄、夏休みやお盆休みといったことには無縁なもので

あんまり夏らしいことはできないんですよねぇ。。。

海にも行かなかったし、バーベキューもやってないし・・・

むぅ、来年はもっとアクティブに夏を満喫したいです!!!



さて、これからお酒の新たなシーズンがやってきます!!

春先に仕込んだ新酒が夏を越し、酒質が安定して秋を迎え・・・

「ひやおろし」のシーズンの到来です!!

楽しみになってきますね、飲んべぇとしては^^♪

このブログでも利き酒した際にはすぐにUPしていきますので

ぜひお見逃しなく!!



また季節彩酒も9月に入れば入稿となります。

そちらも是非お楽しみに♪



それでは今日もお酒の紹介です。

本日は高知県、亀泉酒造(株)の「亀泉」です。


・亀泉 CEL-24(セル24) 純米吟醸     1.8l 3,150円
                   720ml 1,575円



亀泉CEL24 純吟


 この酒を売らせていただいてからかれこれ8年くらいになるが

 毎年、根強い人気があり、年によっては早々と品切れになる。

 この酒の特徴は一言で言うと「-13」という日本酒度にある。

 この表示は大甘口だが、口にするとその不思議なうまさに驚く。

 その「甘酸っぱいうまみ」とともにしっかりとしたコクや深みは純吟そのもの。

 しかも八反錦の米のエキスがじっくりと口の中に広がり、

 その特徴的な「酸」の個性的な活かし方が何といっても魅力的。

 
 南国、高知県のトロピカルフルーツのフレーバーと

 その米のエキスが複雑に交じり合ってこの一瓶に凝縮されている。

 本当に不思議な味わいが楽しめる。




本日は高知県の「亀泉 CEL-24」を紹介しました。

日本酒度-13という大甘口のお酒ですが、酸の高さと相まって

「甘酸っぱい」口当たりがなんとも魅力的な一品。

例えるなら、まるでお米のジュースを飲んでいるような錯覚に陥る。

大学時代、初めてこの酒を飲んだ時の衝撃はすさまじいものでした。

大学時代の飲み会に持って行ったら、

女性陣がおいしいおいしいこぞって飲み始め、あっというまに一升瓶が空に・・・

そんな日本酒の苦手な女性でも是非飲んでもらいたい逸品です!!

きっと日本酒に対するまた新しい見方ができる、そんなお酒です。



お求めの際は、ご来店または電話にてご注文下さい。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目

TEL:0166-92-1516 / FAX:0166-92-3618
父の日は大好評でした!!

先日、6月21日は父の日でしたね。

みなさんはお父様に何をプレゼントしましたか?

おかげさまで、父の日は多くのお客様にご来店いただき、

まことにありがとうございました!!

さすがに年1回の父親への感謝の日。

お父様においしいお酒をプレゼント、と考えた方が多かったようです。

お買い上げいただいたお酒を喜んで飲んでいただいているのかな…と思うと

本当に商人冥利に尽きます!



父の日は一日店に立っていたのですが、

随分と若いお客様がたくさんいらっしゃったのが印象的でした。

最近は親への感謝を表す若い人は少なくなってきたのかな…と

近年の親不幸ともいえるニュースばかり見ていて

勝手にそう思い込んでいた私ですが、

若い人がこうして父親にプレゼントを選んでいる姿を見ていると、

世の中、まだまだ捨てたもんじゃないな、なんて思います。



さて、かく言う私はというと・・・




結局何も父親にはプレゼントしませんでした^^;

ここには親不孝者が一人おったみたいです(笑)

社長、来年は何かプレゼントしますね・・・



今日ご紹介するお酒は、高知県、有限会社仙頭酒造場の「しらぎく」です。

・しらぎく ”吟の夢” 純吟 微発泡   720ml 1,650円


しらぎく 純吟 微発泡720


 香りはさすがに高く、メロンのような微かな甘い香り

 お気に入りのマイグラス(利き酒専用の27年使い込んでいる小樽北一ガラスのもの)に

 注いでみると、シュワシュワと泡立つのを見て、

 まるでシャンパンのようだな、と見た目も楽しい。

 さて、口に含むと、「うまい」「心地よい」「口当たりが良い」の

 3拍子揃っていて、いくらでも飲める。

 コク・オシは充分で、米のエキスもしっかりと溶け込み、

 日本酒ながら、違うジャンルのお酒かと思える程。

 しかし、日本酒としてのうまみはしっかりとしている。

 やや辛口に感じる。

 
 洋風の料理にぴったり、グラタン、フライ、肉料理に合うが

 さすが磯のお酒…刺身にもぴったりでした。

 
 ただ悲しいことに、シュワシュワな炭酸ガス(後入れではない)は

 封を切ると1~2日してしまうと抜けてしまうのが残念。




さて、今日は日本酒では珍しい微発泡のお酒の紹介でした。

見た目の楽しさと、口に含んだときの弾ける感触がたまりません。

日本酒らしからぬ日本酒として風変わりな一品。

しかし、日本酒としてのコクやうまみも申し分ない。

風変わりだが、押さえるところはしっかりと押さえてあり、

日本酒としての完成度もさすがに高く、楽しくおいしく味わえます。

これから暑くなるシーズン、こういう涼やかなお酒がぴったり。

外でバーベキューでもしながら楽しむのもまた一興。

風呂上りにビール代りにのど越しを味わうのもまた一興かと思います。



一升瓶もあるのですが、炭酸ガスが抜けてしまうため

美味しく味わっていただくため、当店では720mlのみ販売しております。



だんだんと暑くなってくるこれからのシーズンに1本どうでしょうか?




お求めの際はご来店、またはお電話にてご注文下さい。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目

TEL:0166-92-1516  / FAX:0166-92-3618
GWが始まりました☆

皆様、お久しぶりです。

四代目、長男でございます。



ついに始まりました、黄金週間!

今年は政府の政策でETCが土日一律1,000円ということで、

皆様も今日明日と遠出される方が多いのではないでしょうか?

私たちも商売掻き入れ時と申しましょうか・・・・(笑)

GWは6日を除いて通常どおり営業してまいります。

せっかくの連休、観光がてら美瑛にまで足を延ばしてみてはいかがでしょうか?




ところで、今回のGWは最大で16連休という方もいるそうです。

景気が悪いから、出勤日数減らして・・・ということらしいです。

これも不景気が引き起こした産物といいましょうか。

喜んでいいことなのか、悪いことなのか・・・判断がつきかねます(苦笑)。

でも、せっかくいただいた休日は有意義に使いましょう。



正直、私は16連休うらやましいです・・・^^;

でも、商売商売!!!!!!


さて、久しぶりのお酒の紹介は、

徳島県、芳水酒造有限会社の「芳水」です。



・芳水 山廃純米 生    1.8l  2,980円
               720ml 1,680円


芳水 山廃純米生


 香り、フレッシュで好ましい。

 まず第一に山廃仕込の生の味感としてはレベルが非常に高い。

 しっかりしたコク、オシ、深みのバランスは絶妙で

 酸そのものも十分に厚い。

 そのため、大変、味にまとまりと奥行きがあり、

 更に蔵の造り手の主張もはっきりと味に刷り込まれており、

 うまさそのものがのどを過ぎても、口の中に存在感として残る。

 やや甘口に感じ、イヤ味、雑味はなし。

 ほかの酒では味わえない魅力あるレベルの高いうまみが、

 このビンの中に凝縮されている。

 くっきりとした味わい、輪郭も優れ、色々な料理と楽しめるだろう。





今回は久しぶりの山廃仕込のお酒の紹介です。

このお酒、なんとアルコール度数が18~19度もあるんです!

なので、味に厚みがあり、それがうまみの奥行と深みを生み出しています。

お酒に弱い方はロックでも、そのうまみが薄れることなく楽しめます。

また山廃なので、味の濃い料理とも相性がいいでしょう。



GWは翌日のことを考えないで飲めるいい機会ですので、

こんなお酒でゆっくり晩酌もオツなのではないでしょうか?



お求めはご来店、または電話にてご注文下さい。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目7-15

TEL 0166-92-1516 / FAX 0166-92-3618
昨日・・・

前回のブログで、北海道庁主催の「いってみたいお店大賞」で

当店が準大賞を受賞させて頂いたことを皆様に報告させて頂きましたが、

昨日、会長が北海道庁に出向き、授賞式に出席してまいりました。


当初、私の父である社長が行く予定でしたが、会長(祖父)が

どうしても高橋知事に会いたいということで、急きょ、会長が行くことになりました(笑)


早速感想を聞いてみると、

テレビ局や新聞社など、多数の報道陣にびっくりし、さらには事前に知らされてなかった

講演では原稿なし(ほかの出席者は事前に用意していた)で5分間しゃべり続けるという荒業をやってのけ、

たいそう満足した表情で帰ってまいりました。

加えて、高橋知事と握手・写真撮影までしていただいたようで・・・、

会長のミーハーっぷりがどうにも笑いを誘います。



さて、この話はこれくらいにして、本日もお酒の紹介です。

今日は高知県、仙頭酒造の「しらぎく」を紹介いたします。

・しらぎく 八反 純米おりがらみ  1.8l 2,650円

しらぎく八反純米おりがらみ

 香り、新酒華よし。薄く濁った新酒で、第一印象はぴちぴち感がなんとも言えない。

 しかも、甘さはなし、キリッとした辛口で味が引き締まっており、凛としたうまみがすごい。

 酸もあるが、その酸が逆に辛さを引き立てている。

 コク・オシは十分で、芳醇で、やや味の厚いぽってり型のしぼりたてではなく、

 シャープでのどごしもきれいな味に仕上がっている。

 この蔵の純米酒の方針、たとえば料理を引き立てつつも、料理に対して負けないというような

 対立する味ではなく、酒の個性や主張を内に秘めて肴のうまさを押し出す・・・

 そんなうまみのある酒である。

 高知県の酒らしく、油ののったマグロ、サバの刺身や、うなぎの蒲焼きなど、

 海の肴にぜひとも合わせたいものである。

 シャープな切れ味は余韻を残さず、通好みにはやや不満かもしれないが、

 これがしぼりたての良さとも言えるだろう。




今回のお酒は、キリッとしてシャープな飲み口、しかしながらコク・オシなど

酒を味わう上で重要な”重み”は欠かしていない点が非常に良いと言える。

料理との相性、特に海の幸との相性がよいと期待される。

これからのシーズン、海の幸がおいしい季節にぴったりの酒でしょう!



お買い求めの際はご来店、または電話にてご注文下さい。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目7-15

TEL 0166-92-1516 / FAX 0166-92-3618
皆様のご要望にお応えして

皆様、今年最後の季節彩酒はお手元に届きましたでしょうか?

今回、初めて季節彩酒にブログのアドレスを載せましたが

皆様見てくださっているようで、アクセス数も少しずつ伸びております。

まことにありがとうございます。

これからも季節彩酒、ブログ共に頑張ってまいりますので

御愛好よろしくお願いいたします。


さて、今回、ブログを見たお客様より、

「写真を載せてもらえるとありがたい」とのお言葉を多数いただき、

これまで画像データの容量の関係でなかなか載せられなかったのですが、

今回より画像をお酒の紹介と同時に掲載してみようと思います。

画質は多少粗悪かもしれませんが、お酒の雰囲気を画像、コメントとともに

楽しんでいただけると幸いに思います。


さて、今回紹介するお酒は徳島県芳水酒造の「芳水」です。


芳水 昨日しぼった酒

・芳水 昨日しぼった酒 1.8l 2,153円

今年最初の初しぼり、しぼりたてのお酒、アルコール度数20%、11月限定酒
 
 香り豊か、第一印象は今年も上出来でさすがに手慣れたもの。

 味わいは若々しく、ピチピチとした炭酸ガスが舌に感じられ、フレッシュでみずみずしい。

 本醸タイプと思われるが、アルコール添加のイヤ味、雑味も全くなく、生ヒネもなく、うまい。

 コク、オシは普通。若干余韻にセメダイン臭があるが、気になる程ではない。

 酸は新酒のためやや高めだが、すべての基本バランスがよく、生き生きとした

 飲み口とともに楽しめる。オンザロックでも水っぽくならず、いくらでも飲める。

 米の濃縮ジュースのようであると家内の声


今回紹介したお酒の特徴は、新酒ならではのフレッシュさにあると思います。

フレッシュでプチプチとしたガスの味わいは他にありません。

若干アルコール度数高めのため、ロックにしてもおいしく頂けると思います。


お買い求めの際はご来店、または電話にてご注文下さい。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目7-15

TEL 0166-92-1516 / FAX 0166-92-3618
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。