上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春気分


3.5代目 土井優慶でございます。


今日はめちゃくちゃしばれましたね。

なんと配送されてきたお酒が凍っていました^^;

一体、何度だったのでしょう。

今、温度計を見てきたら-12度でした。(AM11:30現在)

アルコールはその度数にならないと凍りません。

日本酒は17度くらいあるので、今朝は17度以下だったってことですね^^;

しばれた日はとてもお天気がよく太陽の日差しは春気分!

明日はバレンタインだけど、2月ももう半ば。春はもうすぐ!



実は春を一番待っているのは社長です。

社長は大の車好きと言いますか・・・家族が呆れるくらい、

車、とくに昔の車が大好きです(そんな彼の愛読書はNostalgic Hero)

最近、念願叶ってやっと手に入れた古い車。

故障ばかりのオンボロ車(に家族には見えます)。

それに乗ってドライブをするのが今の最高の楽しみなんです。

冬の間はタイヤがないため車庫で冬眠中・・・

毎晩仕事が終わると、それを眺めて春を待っているのです。

昔から趣味は車でいろんな中古車?にのっていたようですよ。

私が誕生してから普通の車にのるようになったそうです。(母曰く)


・・・普通の車ってなんなんでしょう(笑)?



 さて、今回のお酒は九州佐賀県の富久千代酒造の「鍋島」です。



鍋島 隠し酒 純米吟醸  1.8L 2850円 


鍋島 隠し酒 純米吟醸



一年に一回、九州佐賀県の人気蔵、富久千代酒造から

とっときの1本が発売される。蔵元を支えてくれる大切な

お客様へと「こそっ」と造ったお酒がこれです。

1月~3月までの予約酒で当店には各月18本~24本のみの入荷。

香りはマンゴーの様なフルーツの香りがする。

口に含むとふくよかで芳醇な「うまみ」「コク」がパッと

口の中に広がり、そのメリハリのある輪郭は幾重にも

際限がなく喉の奥に消えていく。

甘酸っぱい豊かな上品で存在感のある酸、甘辛のバランス

も抜群。

この蔵のお客様に対する「愛情」「感謝」の気持ちである。

飯盛杜氏の心温まる「手のぬくもり」さえ、この一杯に感じる

この味わいは本当に素晴らしい。

栓を切ってから、日々変化する「うまさ」は飲み手を魅了する。

ラベルが裏返っていて、裏鍋島とも呼ばれている。
 

 精米歩合  50%
 
 アルコール  16度
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。