上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「月の輪」社長さんご来店

先日木曜日、わざわざこの北海道の田舎まで

岩手県から蔵元の社長さんが訪ねてきてくれました。

今回訪ねてくださったのは、当店人気酒の「月の輪」の

横沢社長さんです。

残念ながら、私は同席できなかったのですが、

当店の社長と、昨今の日本酒事情や情報交換をなさっていきました。


まだ取扱始めて1年もたっていませんが、

社長さんのお嬢さんが杜氏をなさっており、

「月の輪」はなんとも女性らしさがある優しい口当たりのお酒で、

あっというまに当店の人気商品になりました。


こういう一つ一つの出会いを大切にしてお酒を売っていきたいですね♪


ところで、その「月の輪」さんより新製品入荷のお知らせです。

来月には入荷すると思いますが、「若徳」という商品が2点入荷します。

利き酒したところ、非常に出来がよく、

また値段もみなさんのお財布にはとっても優しい仕上がりとなっております^^

乞うご期待ください!!




さて、本日紹介するお酒は広島県、今田酒造本店の「富久長」です。


・富久長 八反草 特別純米   1.8l 3,150円
                  720ml 1,550円


富久長 八反草 特純


 <蔵元コメント>
 
 広島八反、八反錦の源流である明治時代の米「八反草」を

 復活させて醸しました。一回火入れのみで、瓶ごと湯煎して

 風味を守っています。

 <社長コメント>

 香り、ほんのり白桃のような瑞々しいもの

 口に含むと、まず山田錦の純米酒に共通するような、

 しっかりと、たっぷりとした力強いコクとオシが広がる。

 そして次に感じるのは、八反草らしい、上品ながらも

 円やかで深みのある酸がその特徴を包む。

 やや甘口にさえ感じるうまさと酸は円やかな口当たりを生む。

 
 当店でも人気の「中汲み槽しぼり」の純吟と比べると、

 米の特色、生き生きとしたうまさが舌の上ではじけ、

 余韻にもしっかりと残る。

 サバケは普通。

 ゆっくりゆっくりとのどに消えゆくのちにこの米の魅力が膨らむのは

 造り手の技術によるところも大きいのであろう。



<四代目コメント>

今田酒造さんは日本酒・リキュールともに力を入れており、

杜氏さんがこの蔵の娘さんで、若い力があふれる蔵です。

今回紹介のこのお酒は、八反草という昔のお米から醸しだされたもので、

私の飲んだ感想としては、

・コク・オシは堂々としているが、どこかフレッシュさを感じる造り

・甘口に感じるものの、舌の上でうまみが組む立つ様は造り手の顔がみえるよう。

といったところでしょうか。





今回の商品は在庫もありますし、今後も続きます。

珍しい「八反草」で醸したお酒、一度味わってみてはいかがでしょうか?


お求めの際はご来店、または電話にてご注文ください。

発送は1本より承っております。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。