上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の終わり

夏が過ぎぃ~、風あざみぃ~

まだまだ心は「少年時代」の四代目です^^

皆様、ご無沙汰してしまい申し訳ありません。



今年の北海道は夏らしい天気はほとんどなく、

なんか春から夏をすっ飛ばして秋を迎えそうな雰囲気です。。。

夜になったらもう肌寒いくらい。。。

半そでを着ていたのは1か月くらいしかないんじゃないでしょうか?

土井家は既にもう長そで着用で仕事してます(笑)

従業員の姉さん方はパワフルなのでまだまだ半そででがんばってます^^



皆様は夏を満喫しましたか?

私は花火大会とビールパーティくらいですかね^^;

商売柄、夏休みやお盆休みといったことには無縁なもので

あんまり夏らしいことはできないんですよねぇ。。。

海にも行かなかったし、バーベキューもやってないし・・・

むぅ、来年はもっとアクティブに夏を満喫したいです!!!



さて、これからお酒の新たなシーズンがやってきます!!

春先に仕込んだ新酒が夏を越し、酒質が安定して秋を迎え・・・

「ひやおろし」のシーズンの到来です!!

楽しみになってきますね、飲んべぇとしては^^♪

このブログでも利き酒した際にはすぐにUPしていきますので

ぜひお見逃しなく!!



また季節彩酒も9月に入れば入稿となります。

そちらも是非お楽しみに♪



それでは今日もお酒の紹介です。

本日は高知県、亀泉酒造(株)の「亀泉」です。


・亀泉 CEL-24(セル24) 純米吟醸     1.8l 3,150円
                   720ml 1,575円



亀泉CEL24 純吟


 この酒を売らせていただいてからかれこれ8年くらいになるが

 毎年、根強い人気があり、年によっては早々と品切れになる。

 この酒の特徴は一言で言うと「-13」という日本酒度にある。

 この表示は大甘口だが、口にするとその不思議なうまさに驚く。

 その「甘酸っぱいうまみ」とともにしっかりとしたコクや深みは純吟そのもの。

 しかも八反錦の米のエキスがじっくりと口の中に広がり、

 その特徴的な「酸」の個性的な活かし方が何といっても魅力的。

 
 南国、高知県のトロピカルフルーツのフレーバーと

 その米のエキスが複雑に交じり合ってこの一瓶に凝縮されている。

 本当に不思議な味わいが楽しめる。




本日は高知県の「亀泉 CEL-24」を紹介しました。

日本酒度-13という大甘口のお酒ですが、酸の高さと相まって

「甘酸っぱい」口当たりがなんとも魅力的な一品。

例えるなら、まるでお米のジュースを飲んでいるような錯覚に陥る。

大学時代、初めてこの酒を飲んだ時の衝撃はすさまじいものでした。

大学時代の飲み会に持って行ったら、

女性陣がおいしいおいしいこぞって飲み始め、あっというまに一升瓶が空に・・・

そんな日本酒の苦手な女性でも是非飲んでもらいたい逸品です!!

きっと日本酒に対するまた新しい見方ができる、そんなお酒です。



お求めの際は、ご来店または電話にてご注文下さい。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目

TEL:0166-92-1516 / FAX:0166-92-3618
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。