上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本酒の国際化


天気もようやく夏らしくなってまいりましたね^^

丘に登れば麦畑が広がり、じゃがいもの花が見ごろを迎えております。

そんなわけで、美瑛は今、観光シーズン真っ盛りでございます。



美瑛の丘はまるでヨーロッパの田園風景のようだと、

故:前田真三さんが写真をたくさん撮られて、

それが全国的に有名になり、今では北海道でも有数の観光名所となっています。

今では丘が植える作物によって様々な色で色分けされることから

「パッチワークの丘」とも呼ばれております。



美瑛町に来られる観光客の方は、

北海道内はもとより、北海道外からも多くの方がいらっしゃいます。

ここ数年は美瑛が中国・韓国のドラマで使用されたとかで

アジア系の観光客の方が数多くいらっしゃるようになりました。



ところで、最近店番をしていると、うちが酒屋か知ってか知らずか、

アジア系の方がご来店なさるときがちょくちょくあります。

先日は入ってくるなり・・・

「ジャパニーズ サケ なんとかかんとか 純米大吟醸 なんとかかんとか?」

と大変流暢な英語で「純米大吟醸」をお求めに来られた方がいらっしゃいました。



ここで、うちの店では私、四代目の登場です。

というのも従業員も社長も会長も、誰も英語がしゃべれないからです^^;

私も英語は多少知識はありますが、

いかんせん、大学で習っていた医学用の英語なので、

日常英会話なんて、ほとんどしゃべれません(笑)

でもなぜか私が対応をすることがほとんどです。。。。



で、その「純米大吟醸」ですが、

みなさんも知ってのとおり、多くの蔵元から純米大吟醸が出されています。

しかし、今回来られた「純米大吟醸」のアジアの方は

銘柄を指定してはくれません(まぁ、当たり前なのですが)。



そこからがすったもんだ(笑)

やれ、これは本当に純米大吟醸なのか、こっちも純米大吟醸って書いてあるだとか

要冷蔵って書いてあるけど国まで持って帰れるのか…

質問攻めにあう始末。

私の拙い英語ではもう説明するのに一杯いっぱい(==;)

どうにか、満足していただけたのか

「上喜元の純米大吟醸」を買って帰られました^^



最後にレジを打っているときに

「すいません、英語が上手じゃなくて…(by英語)」と謝罪すると

「大丈夫、そこらへんの日本人から比べたら上手だから(by英語)」と

慰めの言葉までいただきました(笑)

なんだか気恥ずかしいやらで「サンキュー」とだけ伝えました^^



にしても、日本酒が国際的に認知され始めているのにはびっくり。

以前は銘柄まで指定して買いに来られた方もいらっしゃったほど。

いまや、日本酒は日本酒ではなく国際酒となっているのですね。

日本酒が日本だけでなく、世界で飲まれているということは、

売っている側からしても非常に喜ばしいことのように思います。



さて、前置きが長くなりましたが、本日のお酒はこちらです。

当店では定番人気商品の、新潟県は渡辺酒造店の「根知男山」です。



・根知男山 純米吟醸  1.8l 2,980円


根知男山 純米吟醸


 色冴え良し、

 香りも派手ではなく、好ましく豊かなもの。

 まず第一の特徴は、堂々とした輪郭とコクに

 スパッと切れるようなシャープな飲み口に大変驚く。

 ほかの酒では見られない見事な個性。

 アルコール添加の本醸タイプのサラサラタイプで飲める

 辛口さとは全く違う、まさに「青竹をパンと割った」ような印象。

 このようなのど越しとサバケは、最初にも書いたが、

 しっかりとした輪郭を持つうまさのコクに大きく包まれている。

 飲み飽きせず、シャープな酸とスーッと消えゆくサバケのよさ…

 この一途さに、造り手の顔と個性が見られ、惚れぼれする。




当店では人気定番商品となっている「根知男山」の紹介です。

私自身も生まれて初めて飲んだのですが、

まさに、研ぎ澄まされた刀をイメージするような切れあがりの良さ。

うまみの輪郭もしっかりしてコクも十分。

やはりこの酒に人気が出るのには理由があると思ってはいたが、

本当に驚かされた一本。

暑い夏に冷やしたこの酒を飲めば、

まさにばっさりと刀で切られたようにすっきりすること、うけあい(笑)



在庫は常時あります。

お求めの際は、ご来店または電話にてご注文ください。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目

TEL:0166-92-1516 / FAX:0166-92-3618



 
スポンサーサイト
コメント
こんばんは~。初めまして。

近年ジャパニーズサケとしてある種日本より外国の消費量が伸びているという話も聞きます。

でも外国の方から日本酒に注目されるのはとても嬉しいことですね。
この記事を読んで自分は日本酒の何かというわけでもないですけど、嬉しくなりました(笑

自分は22なだけに周りの友人が日本酒に関心を示さないのが嘆かわしいです・・・^^;
2009/08/17(Mon) 01:12 | URL | 知志 | 【編集
Re: コメントありがとうございます
知志様

どうも、はじめまして^^

酒正土井 四代目でございます。

> 近年ジャパニーズサケとしてある種日本より外国の消費量が伸びているという話も聞きます。

 そうなんですか!確かに最近蔵元でも、欧米をはじめ先進国に

 日本酒の輸出を始めているところが出てきてますね。

 あくまで種類は「大吟醸」や「純米大吟醸」らしいですが。。。

 これはある意味、世界の富裕層に日本酒が浸透してきている・・・・ということでしょうか?


> 自分は22なだけに周りの友人が日本酒に関心を示さないのが嘆かわしいです・・・^^;

 かくいう私も24歳でございます(笑)

 お客様も40代くらいの人が多く、自分の友人にも酒好きは2~3人しかいません・・;

 なかなか私達のような若い世代には日本酒は受け入れてもらえないみたいですね(==;)

 酒屋の後継ぎとしてこれからは「若い世代への普及」を目指してがんばります!

 知志様もどうぞこれからも日本酒を愛し続けて下さいね^^

2009/08/17(Mon) 09:23 | URL | 酒正土井 四代目 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。