上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
季節彩酒夏号起稿開始!

皆様、ご無沙汰しております。

土井商店、四代目でございます。



いよいよ、当店の季節酒情報誌「季節彩酒」の夏号の起稿です!

今回もお勧めのお酒盛りだくさんで皆様にお届けいたします。

パソコンが苦手な父も、最近は慣れてきたのか、

日々キーを打つ手が早くなっているようにも見えます。



ま、一度保存し忘れて全文消えてしまってショックを受けているようです。

たまにやっちゃいますよね、文章の保存し忘れ^^;

私も大学時代のレポート20枚を提出目前で消したことがあります・・・

今となってはいい思い出ですが、本人はすごい大変です(笑)

がんばれ、社長!!




今回の「季節彩酒」はちょうどお中元に最適なギフトも掲載しております。

7月中旬までには皆様のお手元に届くと思います。



今回は私、四代目も1ページ任されております。

皆様の目に触れる情報誌故、緊張しながら書いております。

まだまだ若輩者ではありますが、四代目のおすすめのお酒も掲載する予定です。

どうか温かく読んでやってください(笑)



さて、今日紹介するお酒は新潟県、朝日酒造の「朝日山」です。

あの幻の銘酒、○○○を作ってる蔵元さんです→銘柄は伏せます・・・



・朝日山 「轍(わだち)」 大吟醸  720ml 3,675円

朝日山 轍


 ○○○で有名な朝日酒造より、3年前より年1回の限定で発売。

 3年以上熟成の大吟醸で、今回は全国9000本のうち、当店60本入荷。

 

 色冴えよし、若干の着色有り。

 香りはヒネ香など微塵もなく、ふくみ香にかすかなラ・フランス様な香り。

 口に含むと第一に、きれいでメリハリのあるさわやかな口当たり。

 コク・オシは熟成酒そのものだが、重たいものではなく、

 すっきりとノドに消え、むしろサバケもよい。

 やや辛口で、どこか○○○の”○寿”の系統に共通するうまみが

 口の中に組み立ち、そしてその存在感に徐々に大きくなって、

 口いっぱいに広がる様はさすが。

 さらに飲み込んでゆくと、上品で繊細な一種の「枯れ」もある。

 引きが良いというのか、イヤなまとわりつきがない。

 「円熟さ」と「枯れ」という、一見相反しそうな個性が

 このビンの中で見事に演出されている。

 若干、余韻に苦味が残るが、全体のマイナスになるほど気になる程ではない。

 まだまだこれからが夏本番だが、冷やしたこの酒と

 味のこってりした…たとえばウナギのかば焼きであわせれば

 どんなにうまいことだろうか。





今回の「轍」はあの○○○で有名な蔵元、朝日酒造の年一回の限定酒。

飲んだ感想としては、3年以上熟成しているにもかかわらず、

ヒネた感じは全くなく、「円熟さ」がうまみを構成する重要なファクターになっている。

しかも「円熟さ」だけでなく、「枯れ」と表現するのか、

どことなく引き際のよさ(?)もうかがえる。→私にはまだ「枯れ」がわかりません^^;

この「円熟」と「枯れ」は相反するながらも、

うまくバランスが取れているゆえに、まとまりのある仕上がりになっている。



今回全国9000本限定発売で、当店では60本入荷!


御注文はお早めに^^


お求めの際はご来店、または電話にてご注文下さい。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目

TEL :0166-92-1516  / FAX:0166-92-3618
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。