上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10年ぶりのお祭り

6月4~6日、旭川で護国神社祭が開かれました。

友人に誘われて、10年ぶりにそのお祭り、行ってきました☆



久しぶりに大きいお祭りに行きましたが、

すごい人だかりで、歩くのもやっとやっと。。。

出店もたくさん出てました☆



このお祭りで思い出すのは、小さい頃、祖父(現会長)に

弟と連れられて行った記憶ですね^^

あの頃はあの「たまごっち」が一世を風靡していたころで

どこの出店にもたまごっちたまごっちたまごっち(笑)

どうしても「たまごっち」が欲しくて欲しくて

祖父にねだってクジを引くも当たるわけもなく・・・

でも露店のおじさんは子供心をよくわかってらっしゃる・・・

「もう一回やったら当たるかもしれないよ」と

またのせられて、祖父にねだって・・・




大人になってよく考えると、そう簡単に「たまごっち」が当たってたら

露店のおじさんも商売が成り立たないわけで・・・

世の中の物流の仕組みがわかってたら、クジなんてやらなかったのにな(笑)

おじいちゃん、ごめんなさい^^;



にしても、子供のころはあんなにどの出店も魅力的に見えていたのに、

大人になると、どの出店にも全く食指が動かない・・・

隣にいた友人が「あれ食べたいこれ食べたい」と言っている一方で

私は一人、冷めた目でクレープ食べてる友人を見ていましたとさ☆

ああ、大人になるってちょっぴりさみしいことかも^^;



そんな昔話から始まりました、今日のブログ。

今日ご紹介するのは、岩手県、株式会社南部美人の「南部美人」です。


・南部美人 ビューティーシリーズ 純米吟醸

    (写真中)1.山田錦 「心白」   1.8l 3,150円 / 720ml 1,750円

    (写真左)2.美山錦 「流転」   1.8l 2,940円 / 720ml 1,630円

    (写真右)3.愛山   「清冽な」  720ml 2,300円




南部美人 美山・山田・愛山 720ml

 
 南部美人さんが昨年から地酒専門酒販店限定流通として、

 昨年から本格始動した「ビューティーシリーズ」という企画商品。

 今回、製造部長である久慈様よりお声をかけていただき、当店でも取扱開始。

 超限定販売、計画出荷という蔵元の秘密兵器。



 1.山田錦
 
  色冴え良し。炭素濾過しないため、自然な着色で、飲み心を誘う。

  香り、ふくよかでやや厚め。

  まず山田錦の持つコク・オシ、しっかりした存在感と力強さはさすが。
  
  酸も香り同様に厚く、飲み口にしっくりとくる安定感がある。

  更に、料理との組み合わせを計算しているのか、その酸に非常に幅がある。

  つまり、すその広がった、どっしりとしたうまみが特徴。

  やや甘口にこそ感じられるが、この酒のコンセプトは甘辛ではなく、

  この酸を十分に生かしたバランスのよさがメインテーマなのだろう。


 2.美山錦

  色冴え良し。

  香りふくよかで、なつかしい稲穂をそよぐ風のよう。

  口に含むと、第一に若干まだ落ち着きのなさは感じられるが、

  しっかりしたコク・オシ、深みと渋みが引き締めをかってでている

  酸のバランスもよい。

  フレッシュで瑞々しい余韻が口の中に広がる。

  うまさそのものはそれらとせめぎあい、ゆっくりゆっくりと舌に乗り

  味の設計通り、「いたずらにいじらない」というコンセプトがよく伝わる。

  美山錦の優しく、柔らかい味がふんわりと余韻に広がるようである。
 
  もう少しの熟成も楽しみである。


 3.愛山

  色冴えよく、テリも十分。
 
  香りはやはり厚め。

  まず第一に愛山米の特色である、力強さ、米の持つ生命力が

  そのままエキスとして一滴一滴、滴り落ちたそんなワクワクする弾みが

  口の中にパッとして広がる。

  そしてその余韻は正に「清冽な」インパクトとして糸を引く。

  酸は3点とも共通して厚いが、愛山は特にバランスよく、その存在感は充分。

  しかも、この愛山米の持つ、しっとりとしたうまみをともなう深みと幅のある酸は

  生き生きとした流れとなって飲み手に訴えかけてくる。

  当然料理との絡みのバリエーションはかなりのもの。

  夏越しが楽しみな一品。




販売店を搾って計画出荷、超限定発売と銘打つだけあって、

3点とも甲乙つけがたい素晴らしい仕上がりとなっている。

それぞれが米の特色を失うことなく、存分に生かしきっている酒質は

杜氏の腕のよさが垣間見える出来となっている。

3本で米の特色を飲み比べるもよし、

1本だけ選んでお気に入りを探すもよし。



当店では愛山のみ720mlだけの販売となっているが、

山田錦、美山錦は1.8l、720mlの取り揃えとなっております。



お求めの際はご来店、または電話にてご注文下さい。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目

TEL 0166-92-1516 / FAX 0166-92-3618  
スポンサーサイト
コメント
初コメントです
ビューティーシリーズって言うんですね。愛山は飲んだことがあります。2年前の吟醸酒を楽しむ会(?)のお土産でいただいてそれからファンになってしまいました。家に1本あります。
今度は美山錦、山田錦と飲み比べしてみたいです。
2009/06/08(Mon) 23:22 | URL | cordis | 【編集
コメントありがとうございます。
そうなんです。
ビューティーシリーズです(笑)

この企画自体は昨年から南部美人さんが
取り組んでいるようなのですが、
今回とあるきっかけで、当店でも扱い始めました♪


愛山は仕込みが難しいそうですが、
十四代目の蔵元さんを始め、
東北の蔵元さんの方々がチームを組んで
愛山米の普及に取り組んでいるようです。

愛山は酸が他の米より若干強めに出ていますが、
うまみとのバランスが絶妙なので、
とても美味しくいただけます。

もしよければ飲み比べしてみてください。


山田は米の力強さ、美山はフレッシュさが前面に出ていて、
飲み比べるには最高の商品だと思います^^

お近くに取扱店がなければ
ぜひ当店に問い合わせてみてください♪
在庫はまだ十分にございますので^^


コメントありがとうございました☆
2009/06/09(Tue) 01:01 | URL | 酒正土井 四代目 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。