上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二月もいよいよ最終日

ついこの間、2月が始まったかと思いきや、

あっという間にもう最終日です。

もともと28日間しかないとはいえ、12月の忙しさを過ぎてしまうと

1~3月はあっという間だと社長が言っていました。


この2月、例年の2月らしくない月になりました。

本州の方には想像もつかないかと思いますが、

ここ北海道の2月といえば、-20度近くなる日も多々あるのですが、

今年はおそらく1回も-20度以下にはなっていないような気もします。

しかも例年に比べて雪が少ない・・・

冷えこむこともなくて、雪かきが楽だといえばその通りなのですが、

どことなく季節感に欠けて寂しい気もいたします。



ところで、先日24日(火)に当店がなんとテレビ北海道(TVH)の取材を受けました。

以前ブログでもお話したとおり、「行ってみたいお店大賞」の準大賞受賞に

関係しての取材だったようです。

放送日時は今週の月~木の17:15のいずれからしいのですが、

私たち自身もまだ詳しい放送時間は知らない状況であります(笑)

もしよろしければ、ご夕食時にTVHをご覧になってみてください。

うちのヒゲ面で有名な社長がそこに映っているかもしれません・・・


詳しいことがわかったら、またブログでお知らせしますね♪

息子の私ももしかしたらチラッと映っているかも!?



さて、今日もお酒の紹介に参りましょうか☆

今日は秋田県、日の丸酒造の「まんさくの花」です。

営業の沓沢の姉さんがせっかく来店してくださったので、宣伝させてもらいます!


・まんさくの花 槽しずく 特別純米 ささにごり生    1.8l  2,730円
                                720ml 1,418円


まんさく槽しずく特純ささにごり生

 
 槽(ふね)というのはお酒を搾るために使う舟形の器物のことをいう。

 この出口が槽口(ふなぐち)といいここから酒が出てくる。

 今回紹介の酒は、その槽口から出てきたしぼりたての酒をそのまま瓶詰めした商品で、

 若干、オリが入っておりやや濁りのある酒となっている。

 
 
 香りは普通、
 
 第一印象は凛としてキリッとうまさをまとった、蔵自信の酒といった印象。

 今年の出来は去年よりも味の輪郭と厚さがしまり、辛口さとのバランスが見事。

 酸も引き締まったもので、全体的にシャープな味感が楽しめる。

 キレのある余韻、そして、スーッと喉の奥に消えていくサバケのよさもまたうれしい。

 薄にごりの無濾過の生酒だが、生ヒネや苦味、渋みは全く感じさせない。

 スルスルと飲めるが、酒のつまみがほしくなるような酒である。
 
 合わせるならば、色々な鍋、おでんや、当然秋田名物きりたんぽには

 ぴったりだろう。

 限定酒のため、まさに今しか飲めない美酒である。

 また1~2日すると空気に触れることでまた表情が変わり、

 うまみが花咲くようになる。

 時間の経過とともに楽しめる1本でもある。




社長のコメントはもっともで、

キレがよくシャープな仕上がり、そして、余韻もきれいでサバケがよい。

去年との比較は去年の酒を飲んだことがないのでわからないが、

非常にうまい酒と言える。

ただ私の感想では、若干、重みを感じる部分もあるので、

酒のつまみがあればなお一層酒の味が引き立つように思う。


しかし文句のつけようのないくらい出来のいい酒です。

うまいのひとことに尽きます!!



限定品のため、お早めの注文がよろしいと思います。


お求めの際はご来店、または電話にてご注文下さい。


酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目7-15

TEL 0166-92-1516 / FAX 0166-92-3618
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。