上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日・・・

前回のブログで、北海道庁主催の「いってみたいお店大賞」で

当店が準大賞を受賞させて頂いたことを皆様に報告させて頂きましたが、

昨日、会長が北海道庁に出向き、授賞式に出席してまいりました。


当初、私の父である社長が行く予定でしたが、会長(祖父)が

どうしても高橋知事に会いたいということで、急きょ、会長が行くことになりました(笑)


早速感想を聞いてみると、

テレビ局や新聞社など、多数の報道陣にびっくりし、さらには事前に知らされてなかった

講演では原稿なし(ほかの出席者は事前に用意していた)で5分間しゃべり続けるという荒業をやってのけ、

たいそう満足した表情で帰ってまいりました。

加えて、高橋知事と握手・写真撮影までしていただいたようで・・・、

会長のミーハーっぷりがどうにも笑いを誘います。



さて、この話はこれくらいにして、本日もお酒の紹介です。

今日は高知県、仙頭酒造の「しらぎく」を紹介いたします。

・しらぎく 八反 純米おりがらみ  1.8l 2,650円

しらぎく八反純米おりがらみ

 香り、新酒華よし。薄く濁った新酒で、第一印象はぴちぴち感がなんとも言えない。

 しかも、甘さはなし、キリッとした辛口で味が引き締まっており、凛としたうまみがすごい。

 酸もあるが、その酸が逆に辛さを引き立てている。

 コク・オシは十分で、芳醇で、やや味の厚いぽってり型のしぼりたてではなく、

 シャープでのどごしもきれいな味に仕上がっている。

 この蔵の純米酒の方針、たとえば料理を引き立てつつも、料理に対して負けないというような

 対立する味ではなく、酒の個性や主張を内に秘めて肴のうまさを押し出す・・・

 そんなうまみのある酒である。

 高知県の酒らしく、油ののったマグロ、サバの刺身や、うなぎの蒲焼きなど、

 海の肴にぜひとも合わせたいものである。

 シャープな切れ味は余韻を残さず、通好みにはやや不満かもしれないが、

 これがしぼりたての良さとも言えるだろう。




今回のお酒は、キリッとしてシャープな飲み口、しかしながらコク・オシなど

酒を味わう上で重要な”重み”は欠かしていない点が非常に良いと言える。

料理との相性、特に海の幸との相性がよいと期待される。

これからのシーズン、海の幸がおいしい季節にぴったりの酒でしょう!



お買い求めの際はご来店、または電話にてご注文下さい。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目7-15

TEL 0166-92-1516 / FAX 0166-92-3618
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。