上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々の停電…

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

四代目、土井優慶です。


昨日の美瑛町は朝から晴れていたのに、

夕方過ぎから突然天気が崩れ、大雨と雷に見舞われました…。

だんだんと雷の音が近づいてきたと思ったら、

突然停電…(>_<)!


冷蔵庫も止まり、自動ドアも止まり、

唯一動いていたのは、無停電装置付きのレジだけでした。

昔、近くの電柱に雷が落ちた時には、

電流が過多に流れ込んだせいか、

電話、自動ドアは基盤がイカれて大変な事になりましたが、

今回は被害もなく、本当に良かった。


当時、店内にも数名のお客様がいらっしゃいました。

そのお客様には大変なご不便をおかけしてしまい、

申し訳ございませんでした。


停電と言えば、

北海道でも計画停電の検討が行われているそうです。

さらに今年の夏は猛暑の場合、北海道でも7%

節電を目標にするそうです。

考えてみれば今まで湯水のように電気を使っていた日本人、

その裏側では原発の恩恵があったことを振りかえらなければなりません。

原発が全停止している今、

そしてあの3.11のメルトダウンの恐怖を忘れないうちに、

私達も生活を改めなければならないですね。



さて、今日のお酒は長野県の千曲錦酒造さんの「帰山」です。


・帰山 番外超辛口純米 1.8L 2,940円


帰山 番外超辛口純米


 香りは少なめ、

 まず「帰山(千曲錦の蔵)」シリーズは平均的に甘口のお酒だが

 この番外はその中でも辛口として存在感を表す。

 口に含むと、しっかりしたリンとしたキレがまず

 舌に乗り、枯れをともなったドライでシャープな辛口が

 パッと広がる。

 しかし、幾重にも盃に口に運ぶとその辛口さが、

 単純に「辛い」と一言では表現できない「うまみ」を

 ともない、その味の広がりに感動する。

 甘口の酒を造る蔵だからこそ辛口のノウハウを知り尽くしている…

 飲み手に「買ってよかった」「飲んでよかった」の気持ちを

 抱かせる酒造りはやっぱりさすがだとおもえる一本
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。