上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春ならでは


いつもブログをご覧いただきありがとうごさいます。


桜の季節もあっという間に開花し散ってしまいましたね。

店の街路樹に八重桜が一本あり今が見頃を迎えています。

最初は楓が植樹されていたのですが枯れてしまい、社長の父が

植えたものです。



春ならではと言えば山菜ですよね。

早速、蕗と独活の酢味噌和えを母が作ってくれました。

実は結婚当初は山菜が苦手で食べられなかったのですが

無理をして食べていました。(少しだけ

時が過ぎ、今では春になると待ち遠しい山菜の一つに

なりました。あの味がくせものだったのですが

不思議なものです。最初に食べた人は勇気がありますね。

先日もトリカブトを間違って食べて中毒死した事件が

ありましたよね。

自分では取りに行きませんけど、見慣れない山菜は

やっぱり食べたくないなあーと思います。



美瑛も山菜が豊富なところでマイカーでとりに来られる方

がいっぱいいます。帰り道当店へお越しいただいて

「泥靴なんだけどはいってもいいかい」なんて会話も

ちょくちょくあります。大歓迎です。いつでもいらして下さい。

お待ちしております。


さて本日のお酒は長野県佐久市 千曲錦酒造さんのお酒です。

千曲錦 純米大吟醸原酒 山田 伍拾磨き

 1.8L 3.465円



千曲錦 純米大吟醸 山田50原酒


 昨年より年1回、5月に限定発売され、このラベルの

 表示で「山田」と読ませる。信州の緑(自然豊かな山、田んぼ)を

 表しています。

 昨年、大好評をいただき、この価格で純米大吟醸は大変

 お買い得であっという間に完売しました。

 香り豊かでフレッシュ、口に含んでの第一印象はキリッと

 した辛口としっかりとした味感の輪郭がスッと舌の上に組み立つ。

 堂々としたコク、オシ、キレのあるシャープな酸とのバランスが

 抜群で久しぶりに骨格に無駄な贅肉のないうまさ冴えわたる

 辛口純米大吟醸を味わった。

 この主張をもってこの蔵の主張がよく表れている。

 刺身よりも山菜の天ぷらや串あげ、焼肉、中華など

 味の濃い料理にぴったり。
 

 アルコール度数 17℃

 日本酒度 +2前後

 酸度 1.5%

 精米 50%
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。