上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
季節彩酒 冬号起稿

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

四代目、土井優慶です。



お待たせいたしました。

今年最後の発行となる「季節彩酒 冬号」、起稿いたしました。

今、社長が隣でぱちぱちとキーボードとにらめっこしています。



私の「季節彩酒 号外~酒屋見習徒然草~」はというと…

まだネタすら考え付かない状況です(T_T)

早く書かなきゃと思えば思うほど、焦って何も考えられなくなるんですよね…

まずは表紙のネタ探しから頑張ります(笑)



「季節彩酒 冬号」が皆様のお手元に届くのは11月下旬になると思います。



今回は冬の限定商品の紹介がメインとなります。

しかも年一回のものも多く、数量限定での入荷です。

「季節彩酒」は一回に4000部発行しております。

ですので、早々と品切れになる商品もあると思います。

ぜひ、ご希望の商品がある場合は早めのご注文を宜しくお願い致します。



ところで先日、まんさくの花の佐藤社長さんが年末商戦の挨拶に来て下さいました。

「今年のまんさくの花の暮れの限定品はどれも渾身の出来です」

「どれも量は少ないですが、高品質・少量販売です」

と社長さんお墨付き!


私達のお店を支えて下さる大きな柱の一本である「まんさくの花」

今年はより一層力を入れて年末商戦に臨みたいと思います。

この「季節彩酒」にも「まんさくの花」を大々的に取り上げていきます。

ぜひ、年末年始のご挨拶やご家族の団欒に一本加えて頂けると幸いです。

「まんさくの花」を全製品取り扱っているのは北海道でも私どものお店だけです。



それではお酒の紹介です。

前述の通り、今年は渾身の出来だと言う一本を取り上げて利き酒しました。

今日は秋田県、日の丸醸造さんの「まんさくの花」です。

・まんさくの花 超限定 純米大吟醸45% 1.8L 3,150円

まんさくの花 超限定 純米大吟醸

 冷えていると香りやや少なめ、しかしリンゴ系のもので好ましい。

 まず第一にピーンと張り詰めた造り手の琴線が

 口に含んだ瞬間にまるで我々、飲み手の心を紡ぐかのように

 一体感となって大きく振れ始める。

 それがなんとも表現のできない魅力となって、幾重にも押し寄せる。

 単純に「うまい」と一言で言えぬ、あふれ湧きでる

 甘味な泉の一滴一滴と、ほとばしる知性を持つかの如く

 訴えかけてくる“魂”の言霊。

 まさに蔵の魂の熱く、静かに燃える“伝心”といえるだろう。


 年間600本発売のうち、当店入荷は約100本。

 お早めにどうぞ。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。