上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
布団が恋しい季節の到来

ご無沙汰しており申し訳ございません。

四代目、土井優慶です。


この間、旭川では観測史上2番目に早い初雪が観測されました。

確かに先週末の寒さは、初冬の寒さに近い冷え込みでした。

私はといえば、朝は元々苦手なのに、

加えて寒いときたら…これはもう布団から出られないんですよ^^;

あと10分、あと15分と、ヌクヌクしていたら居間から、

「早く起きないと先にご飯食べるよ~」との妻の声。

まどろみの中、なんとか布団から這い出し、食卓につくもまだまだ頭は覚醒前。

朝食を食べ、妻の出勤を見送り、ようやく頭が冴えてきたと思ったら、

妻との今朝の会話を覚えていない…(あれ?今日は何時に帰ってくるんだっけ?)


こんな我が家の一日の始まりです。


皆さんご存知の通り、うちは姉さん女房。

どうしても甘えが出てしまうのが私の良くないところ。

いつも「もっと大人になりなさい」とたしなめられています。

仕事もプライベートも、もっとしっかりしなきゃ「四代目」の名が泣いています。

何に対しても「甘え」がある自分、より上を目指すなら「甘え」を断ち切り

前を向いてしっかりと歩かなきゃいけません。

…とブログに書いて自分を戒めることにしました。


さて、今回のお酒は「東力士」です。


・東力士 昭和48年度 吟醸酒


東力士 48年産吟醸酒
東力士 48年産吟醸酒 裏張り



 先日、当店の冷蔵庫の中の奥にずっとずっと前から寝ている

 お酒の中にふと目が止まり、すすけた桐の箱を開けると、

 紫色の布に包まれたこのお酒が入っていた。

 当時、勉強のために手に入らない大吟醸や、やっとの思いで

 大人気の蔵元様とお取引が出来た嬉しさの思いから、売らずに

 1本ずつ取り置きしてあった何十本かの古酒のコレクションの内の一つだ。

 ちょうどこの「東力士」は39年前の秘蔵古酒になる。

 息子のことでちょっとした出来事があり、家族でタイムカプセルの如く、

 「じゃあ、開けてみようか」ということになり、おそるおそる口を付けてみた。


 着色はさすがに強い。

 香りは思ったほどヒネ香はなく、むしろ吟醸香としてのレベルが高く、びっくり。

 味、まずしっとりとした芳醇かつ円やかで艶やかなコクと、

 まだしっかりと組み立つうまさの骨格がある。

 更にもっと40年近くたつと、枯れて、逆に薄っぺらいものに

 なっているかと思ったが、どっしりとして堂々と、まさに人間の成長にも

 例えられるほど立派なものに驚く。

 カビ臭い、ザラっとしたくどさは微塵もなく、むしろまださらりとした

 軽快な飲み口も感じられる。


 私自身といえば、当時はまだ17歳の高校生。

 今、このお酒を口にしてみて、どうだろう。
 
 自信が持てる大人になったかな…といえばまだまだこのお酒に負けている。

 
 先日お客様から大変ありがたい叱咤の声をいただいた。

 振り返ってみて、胸の張れる接客、プロとしてもっともっと勉強が必要だと

 改めて思うところだ。

 皆でまた、大切なお客様に一段と感謝の気持ちを込めて頭を下げるよう、頑張っていきたい。


  (社長談)

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。