上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花火大会

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

四代目、土井優慶です。


先日、旭川で催された「道新納涼花火大会」を見てきました^^



久しぶりに花火を見ましたが(2年ぶり)、

やはり夏の風物詩だけあっていいですねぇ。

打ち上げ場所のほぼ真下だったため、

花火が華開くと同時に、「ドーン!」と体に衝撃が走り、

まるで大砲で撃たれたかのよう…


もちろん撃たれたことはないんですけど^^;



普段は「風物詩」なんて気にも留めない生活ですが、

この日ばかりは、夏らしい風流な過ごし方をさせていただきました。

その上、冷たいビールを飲み、美味しい料理も御馳走になり、

まさに文句なし!

また来年の花火大会も是非見たいですね。



さて、今日はお酒を2本紹介するので、雑談はこの辺にして…

本日のお酒は秋田県、日の丸醸造さんの「まんさくの花」です。


・まんさくの花 88(ハチハチ) 限定純米 1.8L 2,100円/ 720ml 1,050円

・まんさくの花 蔵人ラベル 純米 1.8L 2,100円



まんさくの花 蔵人ラベル・88

 <まんさくの花 88純米>

 精米歩合88%と低精米の純米酒、年一回の限定発売が今年も入荷。

 去年は大好評で早々と完売となったが、

 今年は去年以上に旨いと蔵元さんからのコメントで期待大!

 香りは平均的なもの。

 第一にまず冷やして飲むと、米のエキスがしっかりとしていて、かつ、

 シャープに輪郭をひきしめた辛口で驚く。

 この精白だと、もう少しサバケとキレにあいまいさがあるかと思ったが、

 うまさも、その輪郭と共にしっかりと舌の上に組み立ち、幾重にも広がる。

 しかもこの価格で、このレベルの高さは大変お買い得。

 酸も充分で雑味・イヤ味、ボヤケもなく、むしろ爽やかさがあり、

 良く冷えているとこのきれいな飲み口が楽しめる。

 
 暑い夏、ビールばかりではお腹も膨れてしまう。

 そろそろうまい冷酒を飲みたいと思っている方には特に良いだろう。

 このようなレベルの高い純米をこの価格で発売できる、

 これぞまさにまんさくの蔵元のスゴさだ!


 <まんさくの花 蔵人ラベル>
 
 こちらも数が少なく、去年は品切れしてしまったが、

 今年は熟成味がたっぷりとのった味わいで入荷した。

 香りは平均的。

 まず、口に含むと米のエキスがどっしりと舌の上に組み立つ。

 酸は旨味の輪郭を整えるのに充分なもの。

 88に比べると、円熟味があり、純米酒らしく、コク・オシを重視した堂々としたうまみ。

 派手さはないものの、うまみ自体にも落ち着きがあり、ふくよかな飲み口。

 甘辛度はどちらでもなく中庸で、腰を据えて飲みたい方にはこちらがお勧め。

  

 


 まんさくの花の蔵元さんが満を持してお客様に贈る、この純米シリーズ。

 どちらもこの価格では懐に優しく、口には最高という

 超お買い得商品に間違いない。

  
  
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。