上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懐かしき高校時代

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

四代目、土井優慶です。


先日、高校時代の友人と8年ぶりに連絡を取りました。

…とはいっても、互いに連絡先すら知らなかった状態だったのですが、

時代は便利になりました。

若い方なら一度くらいは耳にしたことがあるであろう「mixi」で

たまたま相手が私を見つけてくれました。


久しぶりにその友人とメールをしていると、

その彼女はもう一児の母になっていました。

高校を卒業して10年も経つと、当時は考えてもいなかった

「結婚」「出産」「子供」なんて言葉がちょくちょく出てくるようになりました。

みんな思い思いの道に進んでいるんだなぁ・・・

と思うと少し哀しくもあり、嬉しくもあり、まさに悲喜こもごも。



そういえば高校時代の生物の恩師にもばったり街で出くわし、

あいつはアメリカでミュージシャンになっただとか、

あいつは一流企業を辞めてベンチャーを立ち上げて今や若手社長になったやら、

その先生曰く、「お前らの代はみんな波乱万丈だ」なんて笑いながら言ってました^^;

私も色々ありましたが今こうして酒屋の見習いとして働いてるわけで…(笑)


一緒に笑い合った仲間が頑張っているのを聞いて

なんだか少しだけ元気を貰えた気がしました☆


さて、久しぶりのお酒の紹介です。

今日は広島県、金光酒造さんの「賀茂金秀」です。


・賀茂金秀 純米吟醸 山田錦 1.8L 3,360円

賀茂金秀 純米吟醸 山田錦


 今まで広島県が山田錦を超える酒造米を開発する努力から

 「千本錦」が開発され、この蔵元でもかなり前から主流となっていた。

 しかし今年、久しぶりに「山田錦」にチャレンジして生まれたのがこの一本。

 マスカット、または梨のような香り、しかし派手ではない。

 まず第一にやはり山田錦特有の芳醇かつ力強いコク・オシ、

 そしてそのうまみのたっぷりとのった味に仕上がっている。

 酸も充分で、その存在感は蔵の個性にあふれ、フルーティで瑞々しさもある。

 やや辛口に感じられ、そしてバランスの良い透明感のあるうまさに

 造り手の思いが表現されている。

 飲み手に対する愛情がしっかりと舌に乗る。至高の一本、さすがです。


 封切りは若干酸のバタツキがあるように感じたが、2~3日経つとそれ消え、

 より一層堂々とした山田錦のうまみが味わえる。

 そして冷やよりも常温の方がよりフルーティに感じられる。


 
 <酒質データ>

 原料米:山田錦100%

 原材料:米、米麹

 精米歩合:55%

 アルコール度:16度
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。