上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
季節彩酒 冬号起稿

ご無沙汰しております。

四代目、土井優慶です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。



昨晩から降った雪で、朝は雪景色でした。

そんなことを考えていると一年が経つのはあっという間だなぁと感じます。

私にとって、去年から今年にかけては怒涛の一年でした。

まさに波乱万丈。

でも、いいこともたくさんあったんですけどね(笑)

「人生、山あり谷あり…」

まさにこの格言を実感した一年でした。



さて、そんなこんなで迎えた11月。

皆様もそろそろ出るんじゃないか、と思ってたところなのではないでしょうか?

ついに今年最後の「季節彩酒」の起稿をむかえました。

私がブログを打っている後ろで、社長がPCに向かって何か打ち込んでいます。

私はまだテーマすら決まっていませんがね(笑)



今年最後のテーマはなんでしょう?

政治色の強い社長の文章と、エッセイテイストな私の文章。

二つ合わせてちょうどよい、まさに親子一体の合作です。

どんなテーマになるか、どんなお酒が載るのか…

皆さん、もうちょっとだけお待ち下さい^^


それでは、今日のお酒の紹介です。

今日は山口県の旭酒造さんの「獺祭(だっさい)」です。



・獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽(かんづくりはやふね)  1.8L 3,150円
                         720ml 1,554円


獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽


 香り、派手ではないが華やか。

 第一に、口に含むと、しまりのある酸がまず出迎える。

 しぼりたて・新酒のフルーティーなうまみがしっかりと

 口に広がった後に酸がキュッと舌を引き締める。

 コク・オシは平均的だが、余韻がしっかりしており、

 ぽっと一言、「うまいなぁ」と呟けるそんなお酒。

 辛口でも甘口でもない中庸。

 戻り香が素晴らしく、

 それが鼻から抜けると「もう一度」と酒を注ぎたくなる。

 酸が突出しているようにも感じるが、うまみとの絶妙なバランスの良さが

 それを感じさせない。


 一度、某アニメに登場し、酒のうまさと共に爆発的な人気を誇る獺祭。

 相変わらずインターネットでの日本酒ランキング一位の座を

 譲らないのは、これだけの魅力があってのことだろう。 
 
 まさに「酔うための酒ではなく味わうための酒を求めて」という酒質が

 この一瓶に凝縮されている。


 11月から3月までの限定期間の発売である。



 <酒質データ>

 原材料名:米、米麹

 精米歩合:48%

 アルコール度:16度
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。