上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春爛漫


4月になりましたね。何もかもが新しく始まる桜色の季節です。

当店も無事、決算棚卸が終わりました。結果は会計士さんからの報告を

待つとして・・・



希望に胸ふくらませて挑む入学式や入社式、みんな色々な思いを胸に

秘めてスタートしていきます。少し緊張し、高揚した頬の笑顔、

んーん懐かしいです。私も結婚前はOLで入社式を経験しています。

うん十年前の話ですが母を伴っての入社式でした。(某生保会社でした)

真新しい制服がとても嬉しかったのを記憶しています。



オフィス街が物珍しく、喫茶店とかの開拓をたくさんしましたね。

仕事が大変だった分、そんな場所で同期や先輩とおしゃべりするのが

ストレスの一番の解消法でした。ディスコとかパブなんかは全盛期で

みんなで踊りまくりましたね。水みたいな水割りを飲んで・・・

当時、私はお酒がめっぽう弱くて、割り勘ではいつも損してました。

若さは取り戻せませんから存分にエンジョイしてほしいです。

いい思い出になりますよ。


結果を出せた人も出せなかった人も、みんなに平等に

春は巡ってきました。



当店も新年度がスタートしています。変わらずのご愛顧を

よろしくお願い致します。


さて、今回のお酒は山形県米沢市の新藤酒造店 九朗左衛門「裏・雅山流 香華」

低温仕込み無ろ過生詰です。



九朗左衛門 「裏・雅山流 香華」低温仕込無ろ過生詰 1.8L 2,100円



裏・雅山流 香華


 香りは山形オリーゼ酵母のよく華の立つ、好ましく豊かなもの。

 あでやかできらびやかな味わいに驚く。

 やや派手な感じもするが、七変化とはまさにこんな味わいだろうか。

 口の中に軽快にステップするようななめらかなうまみがスルスルと

 喉に消えていく。そして、その心地よさ、造り手の思いも優しく

 ふんわり余韻として見え隠れする。

 やや甘口だが、雑味や嫌味はなく、酸も上品で柔らかくバランスがよい。

 そして、何よりこの価格は懐にも優しく、飲み手に充分満足していただける

 レベルと確信。さすがに人気の蔵の「かくし酒」だ。



 原料米 美山錦

 精米歩合 65%

 アルコール度 14度~15度

 日本酒度 +2

 酸度 1.0

 アミノ酸 0.9

 杜氏 新藤 雅信 氏




 





スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。