上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弥 生

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

3月になりますね。ついこの間、お正月だったのに

毎日の過ぎるのがはやいことはやいこと、こうやってあっと合う間に

歳をとっていくんでしょうねぇー・・・


今日は少しお酒のうんちくを書いてみたいと思います。

お店でよく聞かれることに本醸造と純米、更に、特別本醸造に特別純米とが

あるけどどう違うのですかと言うことなんです。


本醸造は米と米麹に更にすっきりさせるために上質の醸造用アルコールを

添加したものをいいます。純米は米と米麹で仕込まれています。


特別本醸造と特別純米は特定名称酒とよばれ何が違うのかというと

お米の精米歩合が違うのです。精米歩合60%以下で仕込み、更に、

蔵元によっては特別な仕込み方をしている場合もあります。


酒造米には代表的な山田錦、雄町、愛山などがありますが

全国各地に色々な酒造米があります。それらをどんな風に

醸すかによってお酒は色々な表情を見せてくれる訳です。


居ながらにして、その風土を感じることが出来るのは

日本酒選びの楽しみといえると思います。


さて、今回のお酒は山口県宇部の「貴 純米吟醸 山田50」です。


 貴 純米吟醸 山田50  1.8L  3,150円



貴 純米吟醸 山田



香り良く、第一の印象は充分なうまさが凝縮され

円やかでふくよかな味わい。


やや辛口で酸はたっぷり、しかし、嫌味・雑味は全くなし。

幾重に続くそのうまさの広がりと余韻、レベルは充分に高く

この蔵の全ての酒に共通する。


飲み手に主張する造り手の気持ち、愛情と感謝をしっかり

感じる。しかし、飲み続けても疲れない。心地よい味わいに

包まれて最後まで楽しめる。
 

 使用米 山田錦

 精米歩合 50%

 酸 1.4度

 日本酒度 +4~+5

 アルコール 16度~17度

 杜氏 永山 貴博 氏



スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。