上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
札幌に行ってきました!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

四代目、土井優慶です。



タイトルの通り、先日札幌へ行ってきました。

都会に行って刺激を受けてこい、と社長に特別休暇を頂き、

妻も「たまにはどっか行きたい」と言っていたので、

社会勉強(?)を兼ねて都会の空気を味わってきました。


札幌駅に着くと、平日にもかかわらず、すごい人でビックリ。

やはり旭川や美瑛とは比べ物にならない活気でした。

大型デパート2店舗が直結しているだけあって、

駅のコンコースは人があふれ、すれ違うのもやっと…。

デパートの中も旭川とは大違い(笑)。

出ている店舗数も違えば、品ぞろえも全く違う。

こんなにも状況が違うと、旭川からわざわざ札幌まで

買い物に行くという消費者心理もわかる気がします。

私も衝動にかられて靴とシャツを買ってしまいました^^;

ただ、札幌に行くたびに「アレ、ここにあったはずなのに…」と

出店している店舗も入れ替わっていて、競争の激しさも感じました。



こんな大都会でもし商売が出来たら…なんて夢物語を想像しながら、

「イヤイヤ、うちの規模じゃやっていけないなぁ」とも考えてしまいます。

美瑛という田舎で商売をやっていると、どうしても憧れる都会の立地。

もちろん、「美瑛だからこそ」やってきてくれるお客様は大勢いるのでしょうが、

まだまだ私達の努力不足なためか、

「遠い美瑛」と感じるお客様も少なからずいらっしゃるのではないかと。

もっとお客様にとって立地の距離感を感じさせない「魅力ある店作り」を

目指さなければいけないなぁ、と強く感じました。



そして夜はすすきのにある「菊鮨」さんにお邪魔してきました。

当店のお取引のある、札幌で指折りの老舗の有名店。

店のたたずまい、活気、、素材、料理の内容、接客、全てが超一流。

そして当店のお酒が大切にお客様のもとに提供されているのにも安心と感謝を覚えました。

妻は初めての「菊鮨」さんでしたが、料理が運ばれてきて開口一番、

「魚がこんなにきれいに彩られてたら、食べる方も魚も幸せだよね」

と魚屋さんに縁ある妻ならではのコメントでした。

そんな幸せな時間を過ごさせてもらった「菊鮨」さんに感謝!!

どうもありがとうございました。



さて、今日のお酒は「田酒」で有名な青森県、西田酒造さんの「喜久泉」です。


・喜久泉 吟冠 吟醸造り 1.8L 2,184円
            720ml 1,000円


喜久泉 吟冠 1.8&720


 あの田酒の蔵から喜久泉の720mlが新発売になった。

 1.8Lは発売済みだったが、以前、田酒の蔵、西田酒造店様へ

 訪ねた折、帰りに社長から1本お土産で頂き、函館のホテルで飲み、

 そのレベルの高さに驚いた記憶が蘇った。


 まず香りは控えめだが、好ましいもの。

 口に含むと第一に、メリハリのあるしっかりとした輪郭とキレ…

 それにもかかわらず、凛としたコクとまろやかで柔らかさも

 次々と広がるうまみはさすが。

 吟醸造りの表示の通り、他の本醸造の価格でこの多彩なうまさは

 純米系のお酒は全て“田の酒”「田酒」と冠がつくが、

 その下の別銘柄として位置付けではなく、

 立派な味決めのできるものとして評価したい。

 さらりとした飲み口ではないが、サバケも良く、

 しかしペラペラな味では当然ない。

 やや辛口、上品で爽やかな酸とその厚みのため、

 味の奥行きもあり、その酸の深みも充分。是非一度お試しください。


 寒くなってからもお燗にしてもO.K.

 ホタテの刺身、フライ、焼き物にぴったり!!

 
スポンサーサイト
那智美瑛火祭

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

四代目、土井優慶です。



明日から3日間、美瑛はお祭りが始まります。

なんといっても見どころは「那智美瑛火祭」!!

和歌山県熊野那智大社に由来を持つお祭りで

人の背丈ほどもある重たい松明を担いで

練り歩く壮大なお祭りです。

今年は第22回を迎えます。

もとは、噴火を繰り返す十勝岳を鎮める儀式として始りましたが、

今となっては全国お祭り30選にも選ばれる有名なお祭りとなりました。

今週は天気もいいようですし、是非一度足を運ばれてはいかがでしょうか?


お祭りと聞くと思い出すのが、会長に連れられて、

あたるはずのない「たまごっち」を目当てにクジをせがんだ思い出ですね。

もちろん当たりクジは入っているのでしょうが、

当然当たるわけもなく、500円も出してしょーもない景品を貰うのがオチ(笑)。

でも子供心に、「絶対当たるはず!!」と思ってついつい回数を重ねて、

お金がなくなると、また会長の所に行ってお金を貰う…



じーちゃんには散財させてしまったなぁ^^;

でも、いい思い出です♪

今年はビールでも飲みに行ってきましょうかね…



今日のお酒の紹介は栃木県、小林酒造さんの「鳳凰美田」です。


・鳳凰美田 純米吟醸 黒判 1.8L 3,775円


鳳凰美田 純米吟醸 黒判

 香り、華やかでパイン、パッションフルーツの様。
 
 第一に口に含むと、うまみがふわっと舌の上に乗り、
 
 イメージさせるものはドイツワイン。

 あの甘口だがくどくない、まるで貴婦人のような飲み口に驚く。

 酸もたっぷりとあり、それがまた芳醇かつ上品で、

 口いっぱいに広がり、鼻から抜ける香りも素晴らしい。

 山田錦の米の特徴、堂々としたコク・オシもさることながら、

 その特徴を充分に生かし、かつ蔵の姿勢・方針をこうも酒に表現できるのは

 技術の高さをうかがえる。

 また精米歩合45%と純米大吟醸の表記が出来るのにもかかわらず、

 この酒質、この価格は絶対お買い得。

 この蔵元さんの醸すお酒はなんといってもこの酸の立ち方に特徴がある。

 「鳳凰」の名前に負けない上品さ、その羽ばたきのような旨味の広がり。

 
 当店取り扱いの「鳳凰美田」には多くのファンのお客様がいらっしゃるが、

 ぜひファンの方には飲んでもらいたい一本である。



<酒質データ>

 原料米:兵庫県産山田錦

 精米歩合:45%
 
 日本酒度:+2

 酸度:1.5

 アルコール度数:16.8%

 
やっぱりバンドは楽しい☆

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

お久しぶりです、四代目、土井優慶です。



「季節彩酒第122号」は無事皆様のお手元に届いたおりますでしょうか?

おかげさまで「季節彩酒」発送以来、たくさんのご注文をいただき、

誠にありがとうございます。

欠品しはじめた商品も少々ありますが、まだまだ旬のお酒はたくさんございます。

ぜひ、気になるお酒がございましたら、お電話・FAXにてご注文下さい。


また、店頭では8月31日までスタンプ2倍キャンペーン実施中!!

期間中は1000円に一個スタンプを押して、40個貯まれば、

2,000円の値引き券になります。

これを機に皆様ぜひたくさんスタンプをためて下さい^^



さて、私事ですが、最近学生時代の趣味を復活させまして…

バンド活動を4年ぶりに再開させました。

大学時代に組んでいたドラムの方が声をかけてくれたのがきっかけで

月1回程度を目安にやっております。

私の得意な楽器はギターなのですが、今回はベースでの参戦!

俄然気合いが入っております。

先日メンバーとの顔合わせで、旭川のGSというギターショップのスタジオに入りましたが、

ヤッパリ楽しいですね!!

学生バンドとはまた違った社会人バンドならではの楽しみがあり、

次の練習が楽しみです。


でも、その練習で耳を悪くしてしまいまして…^^;

デカイ音を聴きすぎるとなるという「音響外傷」になってしまい、

また病院通いが同時にスタートしてしまいました(笑)。

妻の勤務している薬局が行きつけの耳鼻科の近くなので

帯状疱疹にアレルギーに…と先生からは呆れられる始末…

次の練習は耳栓必須ですね。



さて、私の話はこれくらいにして久しぶりのお酒の紹介です。

今日は広島県、相原酒造さんの「雨後の月」です。



・雨後の月 愛山 純米大吟醸 720ml 2,380円


雨後の月 愛山 純米大吟醸


 あの愛山米を使ったお酒が雨後の月から登場。

 毎年大好評のお酒が今年も発売になった。

 香りはメロンの様なフルーティーで豊かなもの。

 口に含むと、大変メリハリのあるコク・オシのしっかりしたもの。

 円やかで味の深みや幅も充分。酸もたっぷりで、

 愛山米の力強さと存在感のあるうまみが口いっぱいに溢れる。

 余韻もきれいで、ふわっと消えゆく様も楽しめる。

 
<酒質データ>

 日本酒度:+1.5
 
 酸度:1.6

 使用酵母:協会9号

 使用米:愛山100%

 精米歩合:50%
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。