上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小 雪

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。


11月22日は小雪ですが初雪以来、ちょっと降っただけで、雪がありません。

雪が遅いのは有り難いです。雪かきは一日でもしないほうがいいですよね。


季節彩酒も終盤に向かってひと踏ん張りの所まできました。

社長と4代目が皆様が年末年始に楽しまれるお酒をチョイスしています。

間もなく発行です。お楽しみに!



さて、今日はお酒の紹介ではなく、日頃、社長がお酒のコメントを載せて

いますがよく聞く言葉で「意味よくわからないなぁー」と思うことに

解説をしたいと思います。


▲口開け・熟成

 未開封の清酒を開栓することを口開けといい、清酒は時間が経つと

 酸化などにより味わいが変化することから、口開けの清酒は

 フレッシュで良いものと認識されますが、その変化を劣化とするか

 熟成とするかはお客様の舌によるところが大きいのです。

 しかし、最近は蔵元がその変化を楽しんでほしいと謳う所が

 多くなりました。


▲キレ・味がのる

 
 甘みが少ない辛口の味わいを指すのではなく呑んだ後に甘みが口に残らず

 「もうひとくち」と進む酒質のことをキレがあると表現します。

 米の旨味や甘みがしっかり引き出され酸味共にバランスの良い濃淳な酒質

 を味がのると表現することが多いです。


▲上立ち香・含み香

 
 清酒に鼻を近づけて嗅いだ香りが上立ち香で、口に含んだ時に鼻に抜けて

 香るのが含み香です。ワインの香りは「アロマ」と呼び清酒の香りは「ブーケ」

 とよびます。香りは微生物の力と人の手で造り出されたものなのです。


▲日本酒度・日本酒度計・辛口・甘口・濃口・淡口

 
 日本酒度は液体の比重を表す単位です。メスシリンダーにいれたお酒に

 日本酒度計を浮かべて計測します。

 清酒にアルコールが多ければ+をしめし一般的に辛口となり、-をしめすと

 甘口となりますが、実際に口にしてみなければ甘辛が感じられないことが

 多いです。旨味成分がおおいと濃口、少ないと淡口となりますが、あくまでも

 指標ですので過信しないことが肝要です。


▲酸度・アミノ酸度

 
 清酒の裏面にデータがよく張られ、目にする機会が多い言葉ですね。

 酸度が高いほど、辛く濃い味わいを感じることができます。

 アミノ酸は旨味の成分でこの数値が高いと奥行きのある濃淳な味わいに

 なります。どちらもバランスが取れていないとペラペラのお酒になったり

 飲み飽きするくどい酒になったりするわけです。


▲燗あがり

 
 常温では何となく物足りないお酒を燗に付けると抜群においしくなる

 ことをいいます。「燗あがりの酒」と呼びます。これはお酒の楽しみ方の

 一つと言えます。


▲和らぎ水

 
 日本酒を飲みながら飲む水のことを言います。酔いの速度を遅くする

 口の中をリセットさせるなどの効果があると言われています。

 種類の違うお酒を数種類楽しむ時などに活用するといいと思います。



以上、「日本酒の知識蔵」より参照しました。




まんさくの花 菰樽


 まんさくの花 菰樽なんですが、実はこの11月3日に四代目が

 結婚しました。

 披露宴で鏡びらきをした記念の樽です。

 夫婦ともに白髪までと申します。睦ましく二人でこの先の

 道を歩んでほしいと親として願うばかりです。

 皆様にまずはご報告を
スポンサーサイト
土井商店の掲示板について

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

こんにちは、四代目土井優慶です。



昨日、ある方からこんな書き込みが掲示板のほうにありました。

「せっかく掲示板があるのにもったいない。もっと活用してみては?」


皆さんはお気づきでしたか?

このブログの右のリンクに掲示板があることを(笑)

私も毎日チェックしてはいるのですが、ブログのアクセスは伸びるものの

掲示板のほうはさっぱり・・・^^;



せっかくご指摘いただいたので、

お客様の皆様に、掲示板で情報を共有していただけたらと存じます。

お客様同士でコミュニケーションがあれば、

また新しいお酒の発見につながるかもしれませんね^^


酒正土井掲示板

HPアドレス http://sakesyou-doi.bbs.fc2.com/
季節彩酒 冬号起稿

ご無沙汰しております。

四代目、土井優慶です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。



昨晩から降った雪で、朝は雪景色でした。

そんなことを考えていると一年が経つのはあっという間だなぁと感じます。

私にとって、去年から今年にかけては怒涛の一年でした。

まさに波乱万丈。

でも、いいこともたくさんあったんですけどね(笑)

「人生、山あり谷あり…」

まさにこの格言を実感した一年でした。



さて、そんなこんなで迎えた11月。

皆様もそろそろ出るんじゃないか、と思ってたところなのではないでしょうか?

ついに今年最後の「季節彩酒」の起稿をむかえました。

私がブログを打っている後ろで、社長がPCに向かって何か打ち込んでいます。

私はまだテーマすら決まっていませんがね(笑)



今年最後のテーマはなんでしょう?

政治色の強い社長の文章と、エッセイテイストな私の文章。

二つ合わせてちょうどよい、まさに親子一体の合作です。

どんなテーマになるか、どんなお酒が載るのか…

皆さん、もうちょっとだけお待ち下さい^^


それでは、今日のお酒の紹介です。

今日は山口県の旭酒造さんの「獺祭(だっさい)」です。



・獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽(かんづくりはやふね)  1.8L 3,150円
                         720ml 1,554円


獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽


 香り、派手ではないが華やか。

 第一に、口に含むと、しまりのある酸がまず出迎える。

 しぼりたて・新酒のフルーティーなうまみがしっかりと

 口に広がった後に酸がキュッと舌を引き締める。

 コク・オシは平均的だが、余韻がしっかりしており、

 ぽっと一言、「うまいなぁ」と呟けるそんなお酒。

 辛口でも甘口でもない中庸。

 戻り香が素晴らしく、

 それが鼻から抜けると「もう一度」と酒を注ぎたくなる。

 酸が突出しているようにも感じるが、うまみとの絶妙なバランスの良さが

 それを感じさせない。


 一度、某アニメに登場し、酒のうまさと共に爆発的な人気を誇る獺祭。

 相変わらずインターネットでの日本酒ランキング一位の座を

 譲らないのは、これだけの魅力があってのことだろう。 
 
 まさに「酔うための酒ではなく味わうための酒を求めて」という酒質が

 この一瓶に凝縮されている。


 11月から3月までの限定期間の発売である。



 <酒質データ>

 原材料名:米、米麹

 精米歩合:48%

 アルコール度:16度
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。