上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初 雪


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。


とうとう初雪が降りましたね。札幌のほうではかなりのドカ雪の

ようでしたが、市民の皆さん、除雪に大変だったでしょう。



これから雪が降ると雪かきという作業が日常のなかに紛れ込んできます。

若いも老いも大変ですよね。なんとか北国に対して助成金とかでないですかね。

灯油代もかかるし、車のタイヤもスタッドレスというタイヤを履かなければ

ならないし、このタイヤ、高いし3.4年毎に買い替えなければならないし

出費ばかりですよ。


仕分け仕分けも結構ですが、現実にもっと目を向けて

国民の生活に密着した政策を考えて欲しいですね。


今日を入れてあと二日で11月になります。

生活も冬モードですね。夜明けは遅いし日暮れは早い。



子供達が高校生のころ5時30分に起きてお弁当を作ったものです。

朝なのに家の灯りをつけて、外は真っ暗。

5年間、憂鬱な冬の朝を頑張っていた訳でして・・・

体内時計は狂うし、体調はどことなくすぐれなかったですね。

今となっては懐かしくも辛い思い出です。



冬で楽しかったことは家族でスキーをしたことでしょうか。

ことのはじめは四代目が歩くスキーの体育の授業を風邪を

ひいたと言ってさぼっていたことが小学1年生の3学期の通知表でわかり

これはどうにかしなくては! と思い立ったことでした。


運動音痴の四代目にとってはまさに特訓でした。その甲斐あって

スキーだけは完璧にうまくなりました。

一緒にいった弟は当時、まだ幼稚園でしたが、体のバランス感覚がよく

めきめきと上達しました。



定休日を使っては富良野スキー場へ行き、ナイターで滑ったり

時々、学校を休ませて、トマムやサホロ、キロロなどにも行きました。

学校をずる休みさせるなんて悪い親ですが、何か、特技があれば

体育の時間に困らないだろうと言う親心です。



さて、今回のお酒は栃木県那須烏山市の島崎酒造さんの

東力士 どすこい活性にごり酒です。



東力士 どすこい活性にごり酒 720ml 1,300円


東力士どすこいにごり酒



 東力士の蔵から面白い酒が新発売になった。

 創業者が無類の相撲好きだったことから東力士という名前が

 ついたと聞くが、まさにこのにごりも名の通り、両足がしっかり

 地面に立ち力強い力士の姿が浮かぶ、そんなにごりだ。

 瓶の首に「ふき出し注意」の文字。しっかり氷水で瓶ごと冷やし

 酒温を下げてから栓を開けないとプシューと音がしたとたん、

 酒が溢れだす。10回程栓の開け閉めをしてお酒が吹きあがらなく

 なったところで、初めて開栓に成功。

 グラスにつぐ、トロトロと瓶の口から注がれる酒はまるでヨーグルト

 のように真っ白。こんな粘度のあるにごりは初めて。

 口にするとまろやかでクリーミー、当然コクは充分。
 
 純米のにごりのためくどいかと思ったが全くそんなことはなく

 むしろ、飲み口もスムーズで個性的なうまさが口の中にあふれ

 特にお勧めの一本。アルコールも16%と普通ですが大き目の氷

 でオンザロックもいけます。是非お試し下さい。




 日本酒度 +-0

 アルコール度 16度

 酸度 1.6前後

 精米歩合 60%

 使用酵母 小川酵母

  

 

スポンサーサイト
新規取り扱いの紹介

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

四代目、土井優慶です。




最近ちょっと体調が芳しくなくて

なかなかPCに向かう時間が作れず、

更新が滞ってしまいました(--;)

なんとか復活…とまではいきませんが、動けるようになったので

ようやくブログ更新です。



今日は新規取り扱いの焼酎の紹介です。

鹿児島県のさつま無双さんの「もぐら」「黒さそり」です。


・もぐら   1.8l 2,518円
       720ml 1,460円

・黒さそり  1.8l 2,363円
       720ml 1,313円


もぐら・黒さそり

「もぐら」

 香りふくよか。

 まるっとして甘みのある芋の風味が口の中に広がる。

 芳醇で、コク・オシもたっぷり。

 まろやかな甘みの中にもシャープなキレがあり、喉ごしも良い。

 ロック、お湯割りがお勧め。

 なかなか個性的な味わい。


「黒さそり」

 香り、こうばしく好ましい。

 ふくよかな麦の香りと口に含んだときのインパクトが独特。

 まるで「さそり」を彷彿とさせる辛口さが後を引き、

 また余韻はするどく、何度もグラスを空にしてしまいそうな

 魅力ある焼酎。

 私はロックが好きだが、お湯で割るとまたがらりと表情が変わる。


両商品ともに限定流通のお酒で、非常に入手困難
 
酒量を減らさないと…

皆様、ご無沙汰しております。

四代目、土井優慶です。


さて、題名にも書きましたが、現在「酒量減量期間」です(笑)。

最近、また太ってきたんですよねぇ…(--;

やっぱりビール500mlを一日2本も飲んでたからかなぁ。

あ、晩御飯を2回食べてたからかも。

うーん、夜食がラーメンなのもいけないのかな。



…と、まぁ太る原因はたくさんあるんですよ。

でも、一番痩せる為には全部やめなきゃいけないんですよねぇ。

一番お金がかかっていたのがなんせ「お酒」なもんだから

ここ数カ月は結構お財布もさみしかったんだよなぁー

ということで、減量・節約のために酒量を減らしています^^;

今はビール1日350mlを1缶だけ…

ちょっと口寂しい晩酌だけど、ちょっと我慢したらまた痩せれるし!



でも痩せたら痩せたでまた飲むんでしょうけど。

リバウンドに気をつけようっと。。。


さて、こんな話をしながらも利き酒は欠かせません。

言ってることとやってることが違うなんて言わないで…


今日のお酒は、山形県は米鶴酒造の「米鶴」です。


・米鶴 特別純米ひやおろし 1.8L 2,650円
           720ml 1,400円



米鶴 純米ひやおろし

 まず香りは平均的でおだやかなもの。

 次に味だが、これがなかなか…と言うよりかなりよい。

 毎年仕入れている蔵のひやおろしだが、例年よりもひきしまった味に

 凛として個性的なうまみが、しっかりとしたキレのよい辛口と

 絶妙なバランスで口の中に広がる。
 
 そしてその様が何か妙に心のヒダにしみてジーンとくるのだ。

 ドライかつシャープな口当たり、舌の乗りとサバケも大変良い。

 そのドライさがちょっと物悲しい秋の夜に、

 私にも少しはある心の琴線に触れるようで、夏の思い出に思わず苦笑い。

 しかし今年は最終的に家族にとっては最高の冬が来そうだ。

 
 色々なひやおろしを利き酒しているとその味その味に様々な思いが浮かぶ。

 しかも、毎年ちょっとずつ違う顔を見せる”ひやおろし”

 うまく味が乗るもの、ちょっとうまみが引っ込むもの、

 相変わらずしっかりとしたうまさが楽しめるもの、

 ひやおろしの醍醐味はこんなところにあるから、今年も喉が鳴ってしまう。
ブログ2周年記念!

お久しぶりです。

四代目、土井優慶です。

しばらく更新が滞ってしまい申し訳ございません。



いよいよ10月です。

北海道の秋は束の間と言いますが、だんだん秋めいてきました。

山では紅葉が始まり、朝晩の冷え込みも厳しくなってきました。

だんだん冬が近づいてくるんだなぁ、と考えると、

ちょっと憂鬱になったりもしますが、

冬になったら燗酒がうまいしなぁ・・・

でも、あったかい部屋で冷酒もいいなぁ・・・

あれ?そんなに憂鬱がる必要もないのかもしれないです(笑)

四季折々の肴とうまい酒…

これがあればみなさんも元気に一年乗り越えられますね^^b



ところで、酒正土井のブログ「季節彩酒 土井商店のお酒Blog」が今月で2周年となります!

皆様のご愛好のおかげでこのブログも月3000件と着々とアクセスが増えております。

そこで皆様への感謝のしるしとして、開設2周年記念イベントを行います!


☆ブログ開設2周年記念イベント☆

ブログをご愛読くださっているお客さまに感謝!

10月7日~11月30日の間、当店にお越しのお客様に

レジで「ブログ見ました」とお声をかけて下さった方だけに


スタンプ2倍のサービス!!

当店では、ご来店のお客様お買い上げ2,000円ごとに1つスタンプサービスをしております。

40個貯めていただくと、2,000円の値引き券としてご利用いただけます。

期限はございませんので、ゆっくり貯めていただいて結構です。

ぜひこの機会をご利用いただき、日本酒をより一層楽しんでいただければと思います。




どうぞ、今後とも土井商店をよろしくお願いいたします。
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。