上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お 盆


いつもブログをご覧頂きありがとうございます。



7月も今日で終わりです。なんとなく北海道はパッと

晴れませんでしたね。短い夏だと言うのに損をした気が

します。

美瑛のお祭りも雨が降らず火祭りの会場はたくさんの人で

盛り上がっていたようです。




8月にはお盆がやってきます。この店舗になる前、

スーパーを経営していたことをブログでお伝えしたことが

ありますが、当時は当店にはお寺や墓地に行くための用意を

するのにたくさんのお客様がご来店下さいました。

仏花やお供え、線香にろうそく、実家への手土産など

なんでも揃う店でした。




お盆が来ると当時若かった私達や幼い4代目や弟

尊敬する両親もバリバリのころでした。

とても遠い昔のようで懐かしくなります。

時代は移り行き、皆、一様に歳を重ね、老いていく

両親や私達、この季節を迎えると何か複雑な思いが

交錯します。



いつか4代目の息子や次男の手を借りなければ

ならない時が必ずくるんだと思うと、当時の両親は

どんな気持ちでいたんだろうと思います。

今はどんな気持ちなんだろうと聞いてみたくなります。



4代目も跡を継いで2年になりますが着々と商売のいろはを

学んでいます。まだまだ教えることや親の背中をみて感じたことを

実践し悩みながら、一歩一歩ゆっくり進んでいるのだと思います。



どうか皆様も暖かい目で支えて下さいますよう

お願い致します。


さて、今日のお酒は広島県広島市 梅田酒造場の「本洲一 純米酒 気鋭の雫」

「本洲一 袋取り限定純米酒 ええとこどり」です。



本洲一 純米酒 気鋭の雫 1.8L 2,400円

本洲一 袋取り限定純米酒ええとこどり 1.8L 2,580円



本洲一 気鋭の雫・ ええとこどり


 ある日電話が来た。広島の酒蔵の杜氏の土居さんとおっしゃる方

 でした。札幌の「銘酒の裕多加」さんのご紹介なので是非、私の

 造っている酒を利いて欲しいというのです。

 口にしてびっくり、芯のしっかりした骨太な堂々としたうまみが

 柱となり次から次へと造り手の思いが口に広がるのだ。

 コク・オシは充分、輪郭のはっきりした辛口で他の広島型の

 柔らかい円やかな味とは別路線をゆくもの。

 酸も厚みのあるしっかりとしたもので、その存在感は造り手

 本人とまさにぴったり。

 溢れる情熱、一滴一滴にその思いがうつりギュッと凝縮された

 気合いが栓を開けグラスに注いだ瞬間、パッとはじける。

 ええとこどりは年1回、ほんのわずかしか発売しないもので

 蔵も完売と言う。

 しかし、通常の純米「気鋭の雫」でも充分このうまさはよく

 表れておりお勧めの酒である。




 本洲一 純米酒 気鋭の雫


 原料米 広島県産 千本錦

 精米歩合 65%

 日本酒度 +4

 酸度 1.4
 
 アミノ酸 1.3

 アルコール度 16.8

 杜氏 気合い120% 土居 享 氏



 本洲一 袋取り限定純米酒 ええとこどり


 原料米 広島県産 千本錦100%

 精米歩合 65%

 日本酒度 +4

 酸度 1.4

 アミノ酸度 1.3  

 アルコール度 16.8

 杜氏 気合い120% 土居 享 氏



スポンサーサイト
明日から美瑛はお祭りです

皆様ご無沙汰しております。

四代目、土井優慶です。


明日から美瑛はお祭りが始まります。

去年もブログのネタにしましたが、

去年はあいにく3日間とも雨・・・



今年の天気はと言うと、やはり雨・・・(;;)

美瑛のお祭りはどうやら雨と仲良しの様です。



ところで、美瑛のお祭りで有名なのが

明日24日に行われる「那智 美瑛火祭り」です!!

和歌山県熊野那智大社に由来を持つお祭りで

人の背丈ほどもある重たい松明を担いで

練り歩く壮大なお祭りなんです。

今年は第21回を迎えます。

去年は寝過ごして見に行けませんでしたが、

今年は絶対見に行こうと思います。

お祭り当日は、ものすごい人の出が予想されます(とはいっても所詮田舎の祭りですが)

来られる方はどうぞお気をつけてお越しください。


さて、今日のお酒は広島県、相原酒造さんの「雨後の月」です。

・雨後の月 新月 NEW MOON 本醸造 1.8L 2,180円


雨後の月 新月


 広島の人気蔵から今年、また新しい「月」が発売された。

 元々、3~4年前に社長が”酒バカ”に徹し、背水の陣をひいて

 今までの問屋、取引の酒屋との関係を止め、全国に真剣に扱ってくれる

 酒屋にのみ卸し始めたシリーズ。


 まず香り、マスカットの様で優れ、豊か。

 口に含むと、まさに明快で軽快な口当たり。

 まるで口の中にその果実を含んだ、甘味なうまみが

 太陽の香りに包まれぱっと広がる…そんな楽しさに思わず感動。

 実はそんな酒質は蔵元、杜氏が狙って醸したものと聞いて納得。

 さらにこの価格にもっと感動。

 やや甘口で、このうまさはこのお酒のみを楽しむよりも、

 肴を色々と変えて楽しんでいただくと、もっとこのお酒の

 キャパシティのすばらしさがよくわかる!



<酒質データ>

 精米歩合:60%

 アルコール度数:15~16度
新規取り扱いの紹介

皆様、ご無沙汰しております。

四代目、土井優慶です。



しばらくぶりのお酒の紹介です。

というのも、新規お取り扱いのお酒が数点あったのですが、

インターネット上に掲載してはいけない銘柄や、

入荷数が極端に少なく、皆様にお知らせしてもなかなかお手元に

届かないお酒がありました。

そのため、利き酒は済んでいたのですが、皆様にお知らせできない

状況が続いていたため、更新が滞ってしまったのです。



今日はその中の一点、入荷が安定した銘柄を紹介いたします。

今回紹介する銘柄は、父である社長が惚れ込み、

何十年もかけてお取引をお願いしていた「初恋のお酒」です。

季節彩酒には紹介しましたが、入荷数の関係で

皆様に多大なご迷惑をおかけしてしまったことをお詫び申し上げます。

在庫、入荷状況は気軽にお問い合わせください。



新潟県、丸山酒造場の「雪中梅」です。

・雪中梅 普通酒 1.8L 2,000円  720ml 1,000円
     本醸造 1.8L 2,520円  720ml 1,325円


雪中梅

<普通酒>

 香り少なめ。第一に本醸造と比較すると、酒質的には

 逆にややコク・オシは若干広がる。それとともに、添加される糖類のためか

 甘さも本醸造より多めに感じるが、それがよくわかるのは

 飲みこんだ余韻にほんの少し。しかし、やはりきれいで繊細な酒の造り。

 水、空気、土の良さがしっかりとよくわかり、さすがに大人気の蔵の一本。


<本醸造>

 色冴えよし、香りは少なめ。

 まず第一に大変きれいで繊細、かつ抵抗感や引っかかりが全くなく、

 水、空気、土の3要素の良さがたっぷりと感じられる。

 甘口だが、イヤ味やアルコールの刺激は微塵もなく、スルスルとまるで水・・・

 いや、甘露の様に喉の奥に消えてゆく。

 コク・オシは平均的、しかしペラペラな薄っぺらいものではなく、

 口に含んだ瞬間にしっとりとしたうまさはパッと増える。

 同じ新潟の久保田や清泉、八海山などのいわゆる

 ”淡麗辛口”ではくくれない。

 大人気蔵の貫禄がやはりこの味わいに凝縮されているのがよくわかる。

 しかし、余韻に若干の苦みが舌に残るが、料理に合わせるのであれば

 全く問題にならない。



<酒質データ>

・普通酒

 アルコール度数:15.4 酸度:1.1 日本酒度:-3

 精米歩合:68% 原料米:五百万石他

・本醸造
 
 アルコール度数:15.7 酸度:1.2 日本酒度:-3.5

 精米歩合:63% 原料米:五百万石他
ツイッター始めてみました☆

ご無沙汰しております。

四代目、土井優慶です。


皆様お馴染の「まんさくの花」の社長さんが今お見えになっています。

その中で「お酒の情報をツイッターで提供して見ては?」

とご提案があったので、

さっそく、ツイッター始めてみました。



これからはブログとツイッターとでお酒の情報を発信していこうと思います!

ちなみにID:sakesyoudoiです。

皆さんフォローお願い致します。
夏真っ盛り


いつもブログをご覧頂きありがとうございます。


暑い日が続いていますね。今日の天気予報は雨のはずなんですが

このムシムシ感が雨を呼び込むのでしょうかね。



先日、大泉 洋さんがご来店下さってびっくりだったのですが

我が家でもびっくりすることがありました。

次男が帰省していたのですが、何とバイクで帰ってきたんです。

大型のバイクの免許も内緒でとったりして、一人をいいことに

何をしているやらと思っていたんです。



実は、この春先にバイクの展示会があったらしく

もともとバイク好きの次男はいそいそと出かけて行きました。

そこで、抽選会がありまして景品は新車のバイクが当たる

懸賞だったんです。何の気なしに応募して、すでに忘れたころに当選の通知が

来た。嘘だと半信半疑、連絡をとると「おめでとうございます。」の言葉。

本人は大喜びです。新車のバイクなんて若者がなかなか買える代物では

ありませんものねぇー。

聞いた主人も「本当か?」とこれまた半信半疑。しかし、実物を見せられて

「いいなぁー」と唖然。

交通事故が多いだけに気を付けて乗ってもらいたいものです。



今日、東京からの最終便で「まんさくの花」の社長様がご来店されます。

うちの看板商品で、いつも当店の我がままを聞いてくれる有り難いお蔵です。

とても、忙しい社長様で国内ばかりか海外まで行かれるのですから

そのバイタリティーには頭が下がります。蔵にいる時間のほうが少ないかも

しれません。



今夜は社長様を囲んで業界の情報などを聞かせてもらおうと思っています。



そこで今回のお酒はやっぱり秋田県横手の 「まんさくの花 プレミアムブレンド」です。



まんさくの花 プレミアムブレンド 1.8L 3,150円 720ml 1,750円

まんさくの花プレミアムブレンド


 あの栗駒山系の大地震で大きな被害がでたのは記憶に新しいが

 テレビでは伝えられなかった被害の一つにこのまんさくの蔵があった。

 送られてきた写真を見てびっくり!

 途轍もない大きな冷蔵庫に高く積まれていた貯蔵のお酒が崩れ

 それが壁を破って辺り一面に割れ飛んでいた。

 その時、割れずに残った大吟醸や純米吟醸、それも何年も熟成させた

 貴重な古酒をブレンドして造られたのが地震時に応援して下さった

 まんさくの花ファンへの感謝酒「まんさくの花 地震作(自信作)」だった。

 

 大変大きな反響を呼び「もう一度!」の声に蔵元が押し切られてだした

 第2弾 今年も待望の入荷です。

 
 香りは引っ込み気味、味・・・うまいー!

 キリッとした冴えのある辛口。12種類の酒が絶妙なバランスとなって口の

 中を駆け回る。それが複雑なうまさと深みのある芳醇なコク、しかも

 いぶし銀の様なシャープなエッジの枯れが今までのまんさくの花の
 
 どの酒にも見られない。

 切れ味のあるうまさが新たな世界を描き続けるのだ!

 女性にたとえると私達の世代にパリで活躍したモデルの切れ長の目が

 印象に残る山口小夜子(知っている人いるかな)風の味わいとでも言おうか。

 なかなか例えは難しいがそんな酒である。

 全国発売800本 当店には120本の限定入荷です。

 是非、お楽しみ頂きたい。




 データ非公開


 


大泉洋さんご来店!!

ご無沙汰しております。

四代目、土井優慶です。


昨日、夕食時に店舗上の住宅に上がっていると、

店から一本の電話が・・・






「社長!大泉洋さんが来てます!!」

と従業員から驚きの電話が。


家族全員でおそるおそる店に降りてみると、

本当に居るではありませんか!!

しかも鈴井貴之さんも一緒に!!


「水曜どうでしょう」のファンだった私は大感激^^

でも恐れ多くてしゃべれませんでした(笑)


大泉さんは、今回「HO」の記事を見て、日本酒が買いたいと

当店に寄ってくれたようです。

大変ありがたいことですね。



日本酒が大好きとおっしゃってた大泉さんは社長の話に耳を傾け、

日本酒を3本ほど買っていかれました。

さすがに飲み慣れているのか、

精米歩合はどれくらいですか?などと質問をしたりしていました。


・・・対応したのが私だったら、まず答えられなかったでしょう(笑)



お時間も迫っていたようであまり長くはお話しできませんでしたが、

「もっとこの店にいたいなぁ」という有り難いお言葉を残して帰られました。

握手だけでもしておけばよかったぁぁ→ミーハー


と、そんな事件があったので、ひとまず皆様にご報告を☆

お酒の紹介はまた今度しますね^^
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。