上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HO(ほ)


いつもブログをご覧いただきありがとうございます。



HO(ほ)って何?とお思いと思います。

札幌市にある株式会社ぷらんとマガジン社様から発行されている雑誌です。

先日、取材を受けまして当店の社長と4代目がHBCラジオの人気DJトムさん

と歓談しました。その様子が8月号に掲載されています。

HO もうひとつの富良野・美瑛というタイトルです。

もし、興味のある方がいらっしゃいましたら書店にてお求めいただきたいなぁ

と思います。


美瑛のことも盛りだくさんで、地元民が知らないところがいっぱい掲載されています。

今度、自分の町を探索してみたいなぁと思いました。


美瑛は今日も暑いです。次男が帰ってきているので今夜は閉店後バーベキューの予定です。


私ごとで失礼いたしました。

次はお酒の紹介をちゃんとしますから
スポンサーサイト
季節彩酒 夏号 完成


いつもブログをご覧いただきありがとうございます。


お待たせしました。季節彩酒 夏号 完成です。


店頭ではすでにお渡ししておりますが郵便でのお客様には

来週半ばに郵送されると思います。申し訳ございませんが

少しお待ちをお願いします。


夏しか味わえない限定商品が目白押しです。すべて利き酒

を済ませておりますので何でもお聞き下さい。


また、季節彩酒では網羅できないお酒も多数ございます。

ご質問頂ければ、ぴったりのお酒をチョイス致します。


私ごとですが、当店創業80周年を迎えました。

皆様の支えがあってこその80年と考えております。

改めて今後とも土井商店をよろしくお願い致します。


また、80年を迎え皆様に感謝の気持ちとして店頭

でのスタンプ2倍
を8月31日まで実施しております。


お電話やFAXでのお客様にはお買い上げの商品

の消費税50%を値引き
させていただきます。

こちらも8月31日まで実施しております。


80周年のお酒もコラボして出しちゃおうかと検討中です。ご期待下さい。


さて、今回のお酒は高知県安芸郡 「土佐しらぎく 涼み純米吟醸」です。



土佐しらぎく 涼み純米吟醸 1.8L 2,830円


しらぎく涼み吟醸



 香りは平均的。まず第一に八反錦の柔らかく優しい味わいが

 よくでている。円やかでやや輪郭の淡いうまみが口の中にゆっくりと

 ほどけて行く。その輪郭のまわりに上品な枯れも感じられ何とも

 言い難いアクセントになっている。

 コク・オシ・酸は平均的で、冷やして飲むと喉ごし、サバケのよさ

 と相まってしらぎくの個性が余韻として広がっていく。

 吟の夢米で仕込まれる「土佐しらぎく」はしっかりした

 輪郭とコクが堂々と感じられる辛口だが、この涼み吟醸は優しい味わいに

 ほっとするなごみの酒と言える。



 原料米 広島県産山田錦100%

 精米歩合 50%

 日本酒度 +2

 酸度 1.6

 アミノ酸 0.8

 杜氏 仙頭 竜太 氏
全国旨いもの市!

皆さん、お久しぶりです。

四代目、土井優慶でございます。



季節彩酒夏号もほぼ完成し、あとは印刷を待つだけとなりました。

7月初旬までには皆様のお手元に届くかと思います。

今回も季節限定商品目白押しです♪

どうぞ、楽しみにお待ちください^^



ところで、ここ2週間ほど雨漏りによる店舗改装のため、

店の一部を仕切って商売していました。

先日、無事改装も終わり、また広い店内に戻りました。


そこで、せっかく改装した部分でなにか面白いことができないかと

家族で案を練った結果、

全国旨いもの市」をやってみようということになりました☆

それがこの写真です。

旨いもの市

酒粕かりんとう、酒粕リンゴジュース、酒粕ドレッシング・・・

いぶりがっこ、造り酒屋のみりんと料理酒、ご当地ラーメン・・・

からしみそ、しょうがみそ、南蛮の麹漬けなどなど

色々と取り揃えております。



これからもどんどんバリエーションを増やしていく予定ですので、

ご来店の際はぜひ目にとめて見てみて下さい。

きっとお客様のお気に入りの食材が見つかると思います^^
父の日


明日は父の日ですね。


普段、色々お世話になったり支援してもらったり

お父さんじゃないと出来ないことありますよね。



今は共働きが普通かもしれませんが、私が育った時代は

父の収入で生計を立てていました。

その中から、私達は洋服やおもちゃなど医療費なども

捻出されていたわけです。

お父さんは、その収入の中から僅かをお小遣いとして使っていた訳です。

財布のひもはお母さんの実権だった訳です。

なんとも肩身の狭い思いをしていたのですね。お父さん!

自分が親になってやっと気づくのですね。

お父さんの凄さを・・・




私はお父さん子でした。優しい父が大好きでした。

今は年老いて、在宅介護をうけています。肺の機能が充分ではなく

24時間、酸素を必要とし、寝たきりになっています。

老後を夫婦水入らずで楽しく暮らせたはずが、ショッピングにも

旅行にも行けず、悲しい老後です。



まして、私は一人っ子で、商売をしている土井商店に嫁いだので

なかなか面倒を見てあげられず、介護を利用されてもらいながらの

生活を送っています。少しでも母の負担を軽くしながら、毎日に

メリハリのある暮らしをと思っています。



土井の両親はとても元気なので安心ですが

この差を考えると、子供として何とも複雑です。

皆さん、お父さんが元気なうちに親孝行しましょうね。


さあ、明日は楽しく父の日を祝いましょう



さて、今回のお酒は号外、早い者勝ちです。福井県福井の常山酒造

「常山 限定純米大吟醸」です。


常山 限定純米大吟醸 1.8L 3,200円 720ml 1,600円


常山 限定純米大吟醸


 先日、常山酒造の社長様が遠路ご来店下さいました。

 先代の社長が今の社長のご主人だったのですが

 病に倒れ、帰らぬ人となりました。短い時間のお話しでしたが

 ご主人の遺志をお継ぎになるには大変な道のりだったと思います。

 本当にその御苦労に報いてあげなければと言う思いにかられました。


 有り難いことにお土産のお酒の話をいただいた。

 純米大吟醸の限定、それも大変お買い得な価格で出して下さると

 言うのです。


 香りは平均的。口に含むと非常に落ち着いた円やかで

 柔らかな味わいがゆっくり口の中に広がる。

 やや辛口で、まったりとしたコクとオシ、深みも充分。

 酸はバランスがよく嫌味や雑味はない。

 2杯3杯めと飲み続けても全くストレスを感じない。

 

 この価格がお買い得と思えるのは一番に、お客様にこの様な

 うまい酒「常山」を応援していただき「有り難い。これからも
 
 常山の蔵の姿勢を支えてほしい」との蔵元の心の声だと思えたからだ。



 原料米 山田錦100%

 精米歩合 50%

 アルコール度 16度

 日本酒度 やや辛口

 杜氏 栗山 雅明 氏 (南部流)
季節彩酒 夏号 起稿しました


いつもブログをご覧いただきありがとうございます。


季節彩酒 夏号 起稿しました。新しい号はまだですかとの

問い合わせがポチポチご照会の電話を頂くことが多くなりました。

6月末位をめどに皆様のお手元にお届けいたします。

今回も夏限定酒など多彩です。ご期待下さい。


寒かった5月も過ぎ、やっと初夏らしい日が続いていますね。

縮こまったハートがゆっくり溶けるようです。


店頭の庭に花の種を植えました。ルピナスです。

どうやら植えた種がほとんど発芽したらしく、毎日の成長を

朝番眺めています。しかし、今年、花が咲くのでしょうかね。

よそのお宅を見るともう花が咲いてる・・・

別名 のぼり藤とも呼ばれ、結構みなさん、ご存知の花だと

思いますよ。


実はガーデニング経験者です。2階の住宅の広いベランダを

花畑状態にしたことがあるんです。癒されましたねー。

そして、花の成長を見るのがこんなに楽しいのかと、趣味の

ない私でも実感しました。3年ほど続けたのですが、人生は

山あり谷ありで色々ありまして、花にも触る気がしなくなって

しまったのです。


ご存知の通り、医大へ行っていた長男が体を壊し、退学しなければ

ならなかったこと。4代目を名乗っていますが志し半ば、悔やまれるでしょう。

親も当然、その事態を受け入れるのに時間が必要でした。まだですかも・・・



次男の就活がうまくいかず、アルバイトの身で14時間労働で責任者を

任され、約1年そこに居ましたが、こちらも体調に異変が起こりつつ

辞めさせることにしました。帰ってきたら休養をとらせて、これからの

話をしようと思っています。


内輪の話で申し訳ございません。本題にもどります。

今日、ご紹介するのは静岡県掛川の土井酒造場 「開運 純米 涼々」です。



開運 純米 涼々 1.8L 2,850円720ml 1,450円
開運 涼々純米


 人気の開運から今年も夏バージョンの限定酒が入荷。

 香りは高くないがフレッシュで好ましい。

 第一に山田錦の米の特色がしっかり表れている。

 コク・オシの力強いうまさはさすが。

 肉厚の上質で存在感と個性ある酸はそのうまさをくっきりと

 浮かび上がらせ次々とその余韻が口の中に喉の奥に引きこまれていく。

 輪郭のはっきりした辛口、凛とした辛口と相まって名前の如く

 夏の蒸し暑い夜にキンキンに冷やしてお気に入りのマイグラスでお楽しみ

 頂きたい。

 隣にはポッと頬をあからめた「美人」の女房。肴は静岡の酒とならば

 やっぱりマグロかカツオの刺身。さっぱり感のある酒なので北海道の

 物ならホタテのバター焼きや庭でするバーベキューや焼き肉・焼き鳥

 ともバッチリですよ。




 原料米 兵庫県産山田錦100%

 精米歩合 55%

 アルコール度 16度
 
 日本酒度 +6

 酸度 1.3  

 杜氏 故「波瀬 正吉」氏
お酒のうんちく


いつもブログをご覧いただきありがとうございます。



今日はお酒のご紹介ではなく日本酒について少しばかり・・・

大吟醸や純米大吟醸は名前はよく耳にすると思います。


お米を磨いて磨いてゴマ粒くらいまで精米するのですが

これが大変な作業なのです。心白(米の中心)近くなると

お米が割れてしまうのです。それを割れないように精米するには

本当に神経を一点に集中して削るわけです。


ですから一粒がとても小さく、仕込にはたくさんのお米が必要ですから

コストが非常に高く、価格も高くなる理由がわかると思います。

そのかわり、来存知のようにフルーティで香り高く

円やかで芳醇な日本酒が出来上がるのです。


また、お酒のしぼり方も一般酒は自動圧搾機を使うところが

大半ですが、大吟醸などは「袋どり」「袋吊り」「袋囲い」など

呼び方は様々ですが、もろみを短時間で搾るといったメリットも

ありますが、人の手による作業のため一回の搾れる量が僅かで

手間暇がかかるのです。この作業は最高スペックの日本酒にのみ

行われる特別なものです。<資料 日本酒の基本より>


ここまで書くとお酒選びがすごく楽しくなってきます。

お酒のラベルを見るとよく袋取りとか中取りとか中汲みとか

リーズナブルなお酒の中にも特別な搾り方をして旨さを引き出して

いるお酒があるということなのです。

是非、ご来店の際には気を付けて見て下さいね。


それと名前のそばに書いてある副代とでもいったらいいでしょうか。

以前、「上喜元 渾身」をご紹介しましたがこの「渾身」がくせもの

だったのです。すごいリピートで反響を呼びました。本当に渾身の力

をもって排出したってことなんです。蔵元の自信作なのです。


まだまだ日本酒には隠れた造りのテクニックがありそうです。

そちらは蔵元様にお願いして、旨い酒を当店はご紹介して参りたいと

思います。


ちなみに、今のオススメは「まんさくの花 純米吟醸生原酒 直汲み 爽々酒」

ですね。しっかり利き酒しましたのでバッチリです。

よく、冷やして初夏の雰囲気を感じて下さい。

では、また来週・・・
今月のオススメ!!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

四代目、土井優慶です。



今日は今月入荷したばかりのオススメ商品をズラッと紹介します^^

今回は利き酒コメントはありませんが、毎年好評のお酒ばかりです。


なんで、利き酒出来ないのかって??















私達の肝臓も、入荷ラッシュで悲鳴を上げているからです--;

少しは肝臓をいたわらないと私達も大変です。。。

今回紹介するお酒のコメントは、昨年も同じものが入荷していますので、

昨年のものを参考にして下さい^^;


・まんさくの花 亀の尾 純米吟醸 1.8l 3,350円(中央)
        MK‐X 純米吟醸 1.8l 3,150円(左)
                  720ml 1,680円
        超限定 大吟醸  1.8l   3,150円(右)
             720ml 1,680円

まんさくの花 亀の尾&MKX&超限定


 待望の限定人気酒です。「まんさくの花」の蔵元の意気込みと醍醐味が

 息づいています。優しく、香り豊かで心がホッとできるお酒です。

 やや辛口ですが、米のエキスが凝縮された洗練された味に納得

 頂けると思います。


・桜吹雪 神のいたずら 大吟醸 1.8l 3,150円

桜吹雪 神のいたずら 大吟醸1.8


 先日、ご紹介したばかりですが1.8Lが入荷しました。お酒の内容を

 考えるととてもリーズナブルで旨さを体験できます。あまり、宣伝していない

 ところも蔵元の隠し酒的存在で、喉がなります。


・清泉 亀の王 純米吟醸生貯蔵 1.8l 3,000円
               720ml 1,500円


清泉 亀の王 生貯蔵 純米吟醸


 今年も入荷しました。皆さんお待ちかねの1本です。

 亀の尾米を使ったメリハリのある酒質に感動です。

 今しか、飲めません。720mlもご用意してありますので

 ちょっと味わってみたいなーとお思いでしたらそちらの

 サイズでどうぞ。幻の米、「亀の尾」を復活させたのは、実は

 この蔵なのです。遠い昔の日本が見えてきそうです。




 酒質データ等、気になった商品がございましたら、お気軽にお電話下さい☆

 うちの社長が丁寧に教えてくれると思います。

 

まだまだ紹介したいお酒はたくさんあるのですが、今日はこの辺で。。。^^

皆様にご報告ということでいち早くブログにアップさせていただきました。
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。