上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家の利き酒part2

今日は珍しく筆の進み具合のよい四代目です^^



さて、前回から「我が家の利き酒」についての続きです。

私達がどういう風に利き酒しているのか、はわかっていただけたと思います。

では、なぜこういうスタイルでの利き酒をするか、ここからがミソです!



よく耳にするお酒の「冷や」という言葉。

これは実は「常温」で飲む酒を指しているのをご存知でしたか?

利き酒をする際も、常温で行うのが実は本来の利き酒です。

しかし、お客様がお酒を口にする際、果たして室温で飲まれるお客様は

どれくらいいるのか・・・

皆さん何らかの方法でお酒を「冷やして」飲まれる方が多いと思います。

そして、常に冷えている状態でお酒を飲まれる方は少ないと思います。



「冷えているとこのお酒はどういう表情を見せるのか」

「室温に馴染んでくると、その味はどう変化していくのか」

…ということをお客様に伝えるためには、このように2段階に分けての

利き酒をすることが必要なのです。

お酒は往々にして、冷えていると蕾が閉じている場合もあります。

室温に馴染んでくるとともに、味が花開く場合もあります。

逆に、室温では酸が立ったり、苦味を感じることもあります。



また2日・3日置いてから再度利き酒するのにも理由があります。

お酒というものは生き物です。

実はお酒は必ずしも封切りが一番うまい、というわけではありません。

封を切って1~5日してから飲むとガラリと味が変化している場合もあります。

空気に触れることで、酒が華開くのです。

たいていのお客様は1升瓶を買われても、1日で飲みきってしまうことはないでしょう?

そういったお客様に味の状態変化を楽しんでいただくためにも

極力、お客様と同じ条件でお酒を飲むことで、

的確、かつわかりやすいお酒の説明ができるわけです。



そして酒の肴。

皆さんもお酒を飲む際には、必ずと言っていいほど

そばに「おつまみ」はありませんか?

もしくは食事の際にお酒を飲まれる方もいらっしゃると思います。

「このお酒にはどういう肴が合いますか?」といった疑問にも

いつでもお答えできるように、

利き酒する際には「どんな肴が合うかな…」なども考えつつ飲みます。

これも、酒屋目線ならではの利き酒と言えるかもしれませんね。



でも、一番大切なことは何か。

今までうんちくをつらつらと並べてきましたが、

一番大事な利き酒のポイントは「“旨い”と感じるか否か」です。

これが「土井商店流」の大事な大事な利き酒の極意かもしれません。

おいしいお酒をお客様に提供する、そして喜ぶ顔が見たい…

それが私達の原動力ですから^^



というわけで、利き酒のお話はおしまいです。

お酒を楽しむうえで一番なのは「美味しいお酒を楽しく飲む」に尽きると思います。

シーンや季節に合わせてお酒も変化していきます。

皆様がいつまでも健康に美味しいお酒が楽しく飲めますことを……m^^m




さて、本日2本目の紹介となりますのは、皆さんお待ちかね!!

静岡県は酒友 磯自慢酒造(株)の「磯自慢」です。


・磯自慢 特別本醸造  1.8l 2,980円

磯自慢 特別本醸造

 香りはメロンのようで豊かで好ましい。

 まず第一にストレートに感じるのは、正に大吟醸のレベルに達している酒質!
 
 若干まだ熟成味がもう少しと思え、味の深みと幅はまだ十分とは言えないが、

 旨さのレベルはさすが。

 メリハリのあるキリッとした辛口。

 端正で凛としたたたずまいをまといながら、幾重にもうまさそのものが

 飲み続けると、次の日、また次の日と変化して、

 それがこの蔵の個性として楽しめる。

 スルスルとなめらかで優しい口当たりを持ちながら、 
  
 エッヂの効いた冴えもサバケと余韻に感じる。


 今や日本酒界のトップとして輝き続けるが、

 当店との取引が始まった約28年程前には焼津の小さな地酒蔵だったが、

 当時から素晴らしい旨さがバーンと光っていたのを

 今でも飲むと思いだす。

 
 マグロとアジのたたきをスーパーで買ってきて一緒に味わったが

 さすが磯の酒、と舌鼓を打った。 

 素晴らしい時間を堪能できた。


 
<酒質データ>
 
 原料米:特A地区 特等山田錦100%

 精米歩合:60%

 アルコール度:15~16度  酸度:1.1  日本酒度:+5~7

 使用酵母:New-5(静岡)

 

スポンサーサイト
我が家の利き酒

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

四代目 土井優慶でございます。


相変わらず北海道は春らしからぬ天気が続いております。

昨晩は雪がちらついたほど・・・

桜の開花もGW過ぎになるとのことです。

まだまだ北海道の春は遅くなりそうですね。



さて、今日の話題は「我が家の利き酒」についてです。

利き酒はお客様にお酒を提供するために

欠かせない酒屋の仕事の一つでもあります。

当店では利き酒をしていない商品は一つもございません。

新商品が入ると、必ず社長が利き酒し、お客様にいつでも説明できるよう、

味のチェックをしております。

これは蔵元さんにフィードバックするとともに、

お客様にも情報提供できるように、という意味合いもあります。

…というのは建前半分で、

飲兵衛一家の「趣味と実益」という言い方もできますけどね(笑)



しかしながら、社長の舌はさすがに30年も日本酒を飲んできただけあり、

確かなものだと思います(手前味噌ですが)。

表現の多様性、お客様にわかりやすくお酒の味を伝える技術については

唸らせるものがあります。

私も徐々にではありますが、家族で利き酒をしながら、

舌を鍛えている最中でございます。

いつか父のように、立派な酒屋を目指して!!



さて、本題の「我が家の利き酒」。

あくまで、利き酒の方法は「土井商店流」なので正道とは少し違います。

まず、日本酒をタンブラーに入れて氷水に浸し、がっつりと冷やします。

完全に冷えたら利き酒開始です。

各々好みの酒器に酒を注ぎ、色冴え、香りをチェック。

お酒に口をふくんで、その酒の甘辛、酸、旨味、バランス、コク・オシ…

確認する項目はたくさんあります。

そして利き酒のコメントをそれぞれあーだこーだと議論します。



さて、これで終わらないのが「土井商店流」!

この後、お酒が室温に馴染んでき始めるときに再度、利き酒。

こうすることで氷温・常温での2段階での味の確認ができます。

(旨味がなかなか開いてこない場合は燗でも味のチェック)

また、封を切ってから2日3日と置いてからも利き酒をします。

お酒は空気に触れてしばらく経つと、味が変化してくるからです。





これが「我が家の利き酒」の一部始終です。

長くなるので、続きは次回に^^;

ここからがミソですからお楽しみに☆


では、本日のお酒の紹介です。

今日は新潟県は久須美酒造(株)さんの「清泉」です。

・清泉 七代目 純米吟醸 生貯蔵酒  1.8l 3,000円
                  720ml 1,500円


清泉 七代目


 色冴えやや弱い。

 香りは花のような上品なものだが、立ち方は平均的。

 まず第一に大変すっきりした、メリハリのある端正な口当たり。

 キリッとしたキレと相まった辛口さが目立ち、

 しっかりとした輪郭もこの酒の特徴として冴えわたる。

 飲みやすく、スーッと舌の上を滑り、喉に消えゆく様は、

 子供の頃に友達と野山を駆け回って乾いた喉を癒す、

 あの秘密の場所の小さな湧水を手で飲む、あの日の感動に似る。

 キンと冷たくも旨さが磨かれた甘味なもの・・・

 そんな水のうまさがそのものが酒の味を決めるという、

 ごく当たり前のことを改めて思い出させてくれる味わいに、

 この蔵の光る個性を見る。



<酒質データ>

 原料米:山田錦(兵庫県産)

 精米歩合:55%

 アルコール度:14~15度  酸度:1.4  日本酒度:+4
 
 仕込水:新潟県名水指定の自家湧水
春はどこへ行った?

皆様、お久しぶりです!

四代目 土井優慶です。


色々ありまして、しばらく母にブログの代筆をお願いしていました^^;

皆さん、さすがに気が付いていらっしゃるとは思いましたが(笑)

この間、ある方から「最近ブログ書いているの、お母さんじゃないの?四代目は元気なの?」

と、言われましたので久しぶりに筆をとらせていただきました。

大丈夫です!

四代目はちゃんと生きていますよ^^b



さて本題。

つい先日まではポカポカ春の陽気だったのにもかかわらず、

一昨日、昨日と北海道は暴風雪に見舞われました。

…もう四月半ばですよ!?

本州ではもう桜の咲き始めどころか、散っているところもあるというのに、

北海道はまたまた冬に逆戻りです;;

これじゃ桜が咲くのもGW過ぎになりそうです…



なんせ北海道は、5月頭まで冬タイヤが欠かせません。

だって、今回みたいに突然雪がどっさり降ったりするものですから^^;

私の覚えてる限りでは、GWに猛吹雪っていう経験もありましたね。

社長と同じく、私も車好きなので、

早く夏タイヤに履き替えて、ドライブしたいものです。



さて、久しぶりの四代目が送る今日のお酒は、

広島県、金光酒造さんの「賀茂金秀」です。


・賀茂金秀 創業130周年記念酒 純米酒  1.8l 2,835円

 
賀茂金秀 創業130周年記念酒

 最近、広島の注目蔵として「Dancyu」にも掲載された蔵。

 今年創業130年を迎えるのを記念して、超限定酒として発売になった。

 通常、記念酒は高価なお酒になりがちだが、あえて3000円以下に抑え、

 「真に旨いと思える純米酒」をコンセプトに造られた納得の一本です。

 
 香りはほのかだが、パイナップルの様なフルーツ系。

 まず第一に、舌に乗るとわずかに新酒の発泡性のガスが感じられ、

 それが絶妙な酸の具合と相まって、大変飲みやすく、

 メリハリをつけるのに役立っている。

 しかも充分なコク・オシが際立ち、優しく、まろやかでふんわりとしたうまさが

 春の青空をゆったりと流れる雲のように広がっては消えてゆく。

 なめらかな飲み口と、上品でまとまりのある味わい。

 決しておしつけがましい味の組み立てではなく、どこか奥ゆかしさを感じさせる。

 130年の歴史の重みもさることながら、それだけではなく、

 これからも力まずにゆっくりと、しかもしっかりと歩んでゆく決意を

 あっぱれながら、この一瓶に感じられる。


 当店には60本のみの限定入荷!




<酒質データ>

 原料米:広島県産 雄町 100%

 精米歩合:60%

 酵母:熊本酵母

 日本酒度:+4  酸度:1.5  アミノ酸度1.0

 アルコール分:16度
社長の楽しみ

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。


当店の社長は雪が消えるのをずっーと待っていました。

道路も雪が消えすっかり乾いています。

前にもご紹介したことがあると思いますが、うずうずしています。

「古い車」にのれるんですねー。やっと


先日も事務所にも店にもいない。どこへいったのだろうと

思っていると、倉庫でごそごそやってるんです。

冬の間についたほこりやすすをふき取って掃除してたんです。


去年もそうでしたが、日曜日の早朝や定休日は早起きして

美瑛の丘をめぐってくるのが楽しくてたまらないのです。


子供みたいって思われるかも知れませんが

変なことにうつつを貫かされるよりはずっーといい趣味

と理解しています。


よくドライブに誘われたのですが、私は寝てるほうが

いいと何度が言われ、それからは朝、そーっと寝室を

出て行きます。

付き合い悪くてごめんね。


当店の社長は本当に真面目です。

車以外は遊び方をしらないし、したくない派です。

商売一筋、28年見てきて、真摯に商売に取り組む姿

は立派です。なかなか見習えないと思いますよ。

この景気ですから愚痴はこぼしますけど、いつも

前を向いています。

いやー私も自分を褒めたいですね。

この人、選んでよかったです


さて、今回のお酒は岐阜県瑞浪市 中島醸造の 「小左衛門 純米吟醸 生酒」です


小左衛門 純米吟醸 生酒 1.8L 3,000円 720ml 1,400円


小左衛門 山田錦



 色冴えよし、香り、パイナップル系の明るく豊か。

 第一に山田錦の王道を正直に貫く、深く、ふくよかで
 
 味筋のしっかりしたもの。

 そのうまさもスーッとストレートに喉の奥めざして優しくも

 力強く、そして、メリハリをもって消えてゆく。

 その味感は決して雑なものではなく上品で端正な酸をまとって

 幅広く楽しめるもの。

 サバケもよく、それらがみな一つの旋律を奏で、ふくよかな

 残響となって、この蔵の個性を響かせる。

 やや辛口、無ろ過の生の渋みもなく、栓を切ってから、日々

 刻々と瓶の中で僅かに、しかし、次の日にはかなり大胆に

 変化する面白さを併せ持つ。取り扱い後、大好評の蔵

 それぞれの米のもつ特性をいかした多品種の酒造りは

 これからも注目の蔵だろう。



 原料米 播州特等山田錦(山田正寿 氏 作付田)

 精米歩合 60%

日本酒度 ±0

 酸度 1.9

 アルコール度 17.3
高速道路無料化

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。



高速道路の無料化が6月から始まりますね。

本州は別として北海道はすごく恩恵があると思いませんか?

大部分が無料化ですからね



定休日が楽しみになってきました。

高速道路を使って、いままで遠くて行けなかった温泉

いけるんですから。

子供達が小さかった頃、道北の温泉を制覇して歩いたものでしたが

最近はとんと御無沙汰。



それに新聞に載っていましたが「0泊で部屋付き夕食あり」なんていう

企画が流行っているようでして、温泉につかって一休みも可能なんです。

温泉に入った後のあのまったり感をゆっくり堪能できて

お昼寝なんて最高です。

発想の転換ですね。私達にとっては有り難いことです。


地元に温泉がありながらこんなこと事言うと怒られちゃいますかね。

町民入浴券なぞというものが発行されていて、半額で入浴できるのですが

他市町村の方は、結構高い入湯料をとられているようです。

財布に優しい料金設定をしてほしいですね。


6月になれば気候も安定して心もどこかゆったりしていて・・・

あー楽しみ



さて今回のお酒は徳島県三好市 芳水酒造 「芳水 吟醸 生純米」です



芳水 吟醸 生純米 1.8L 2,620円


芳水 純米生



 去年より蔵の体制が変わってから、酒のニュアンスが

 変わり、それが大変良い方向へと味にあらわれた。

 
 まず、造りにかかわる蔵人の一致した思いが、きちんと

 定まった。年ごとの造りに迷いがなくなったと思う。

 派手でおしつけがましくない。むしろ、しっとりとした

 円やかで柔らかい落ち着いて飲み手を疲れさせる味ではない。

 絶妙な所でうまさが組み立つ。

 やや甘口、酸はしっかりとして邪魔もしないバランスのよいもの。

 それにしても、言葉は悪いがあかぬけしないところもあったが

 随分、魅力溢れる姿になったものだ。



 原料米 五百万石
 
 精米歩合 60%

 アルコール度 15度~16度


 




春爛漫 第2弾


今朝、新聞に北海道の幌加内では、今冬の積雪量が21メートルになった

という記事が載っていました。前にも触れたと思いますがあの時でも

18メートルだったんですよ。どんな雪の降り方がするのでしょう?

想像もつきませんね。そこに住む人々の苦労は大変なものでしょう。



大好きなお蕎麦屋さん、どうしているでしょう。

それこそ今朝、注文のファクスをいただきました。

雪解けは相当、遅くなるのでしょうけれど、春は着実にやってきました。

幌加内の方々にエールを送りたいですね。



北海道は雪国です。雨は流れて行くけれど雪は積もっていきます。

雪はねや、その雪の捨て場にも困り、ご近所同士のもめごともあるでしょう。

雪国に生活する人にも恩恵がほしいですよね。ホント!

雪国手当なんてどうですかね。雪の降らない地域の方には絶対わからないと

思いますよ。観光に来て雪見て「うれしいー」の感覚では到底

生活できません。美瑛にもそんな感じで移り住んでくる人が

いましたがリタイヤした人もいます。

現実は厳しいです。雪との共存は!


さて、第2弾のお酒は広島県呉市の相原酒造 金泉「酒百薬長」純米吟醸です。


金泉 「酒百薬長」純米吟醸 1.8L 3,045円



金泉 酒百薬長



 あの広島で有名蔵だった「金泉」の堀本酒造の大人気酒だったお酒が

 現在、呉市の「雨後の月」の蔵元、相原酒造様より発売されている。

 造っているのは同じ杜氏、堀本氏。相変わらず、素晴らしい酒を世に

 送り出している。

 色冴え、着色はよく黄金色にさえる。香り、ふくよかで好ましい。

 端正でサバケのよいきれいなのみ口、しかも独特のやや派手で

 フルーティなうまみと共に逆してややドライで枯れをともなった

 味わいが舌に組み立つ。

 それがなんとも言えない味の輪郭をもって、飲み手に訴えかけてくる

 余韻が幾重にも続く。

 コク・オシは充分。

 さすがに今だに人気のある味は健在。

 しかし、彼の毎年どこかしら進歩していく味の造りには感心する。



 原料米 八反錦

 精米歩合 50%

 日本酒度 +2

 杜氏 堀本 敦 氏
 

春爛漫


4月になりましたね。何もかもが新しく始まる桜色の季節です。

当店も無事、決算棚卸が終わりました。結果は会計士さんからの報告を

待つとして・・・



希望に胸ふくらませて挑む入学式や入社式、みんな色々な思いを胸に

秘めてスタートしていきます。少し緊張し、高揚した頬の笑顔、

んーん懐かしいです。私も結婚前はOLで入社式を経験しています。

うん十年前の話ですが母を伴っての入社式でした。(某生保会社でした)

真新しい制服がとても嬉しかったのを記憶しています。



オフィス街が物珍しく、喫茶店とかの開拓をたくさんしましたね。

仕事が大変だった分、そんな場所で同期や先輩とおしゃべりするのが

ストレスの一番の解消法でした。ディスコとかパブなんかは全盛期で

みんなで踊りまくりましたね。水みたいな水割りを飲んで・・・

当時、私はお酒がめっぽう弱くて、割り勘ではいつも損してました。

若さは取り戻せませんから存分にエンジョイしてほしいです。

いい思い出になりますよ。


結果を出せた人も出せなかった人も、みんなに平等に

春は巡ってきました。



当店も新年度がスタートしています。変わらずのご愛顧を

よろしくお願い致します。


さて、今回のお酒は山形県米沢市の新藤酒造店 九朗左衛門「裏・雅山流 香華」

低温仕込み無ろ過生詰です。



九朗左衛門 「裏・雅山流 香華」低温仕込無ろ過生詰 1.8L 2,100円



裏・雅山流 香華


 香りは山形オリーゼ酵母のよく華の立つ、好ましく豊かなもの。

 あでやかできらびやかな味わいに驚く。

 やや派手な感じもするが、七変化とはまさにこんな味わいだろうか。

 口の中に軽快にステップするようななめらかなうまみがスルスルと

 喉に消えていく。そして、その心地よさ、造り手の思いも優しく

 ふんわり余韻として見え隠れする。

 やや甘口だが、雑味や嫌味はなく、酸も上品で柔らかくバランスがよい。

 そして、何よりこの価格は懐にも優しく、飲み手に充分満足していただける

 レベルと確信。さすがに人気の蔵の「かくし酒」だ。



 原料米 美山錦

 精米歩合 65%

 アルコール度 14度~15度

 日本酒度 +2

 酸度 1.0

 アミノ酸 0.9

 杜氏 新藤 雅信 氏




 





酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。