上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の終わり

夏が過ぎぃ~、風あざみぃ~

まだまだ心は「少年時代」の四代目です^^

皆様、ご無沙汰してしまい申し訳ありません。



今年の北海道は夏らしい天気はほとんどなく、

なんか春から夏をすっ飛ばして秋を迎えそうな雰囲気です。。。

夜になったらもう肌寒いくらい。。。

半そでを着ていたのは1か月くらいしかないんじゃないでしょうか?

土井家は既にもう長そで着用で仕事してます(笑)

従業員の姉さん方はパワフルなのでまだまだ半そででがんばってます^^



皆様は夏を満喫しましたか?

私は花火大会とビールパーティくらいですかね^^;

商売柄、夏休みやお盆休みといったことには無縁なもので

あんまり夏らしいことはできないんですよねぇ。。。

海にも行かなかったし、バーベキューもやってないし・・・

むぅ、来年はもっとアクティブに夏を満喫したいです!!!



さて、これからお酒の新たなシーズンがやってきます!!

春先に仕込んだ新酒が夏を越し、酒質が安定して秋を迎え・・・

「ひやおろし」のシーズンの到来です!!

楽しみになってきますね、飲んべぇとしては^^♪

このブログでも利き酒した際にはすぐにUPしていきますので

ぜひお見逃しなく!!



また季節彩酒も9月に入れば入稿となります。

そちらも是非お楽しみに♪



それでは今日もお酒の紹介です。

本日は高知県、亀泉酒造(株)の「亀泉」です。


・亀泉 CEL-24(セル24) 純米吟醸     1.8l 3,150円
                   720ml 1,575円



亀泉CEL24 純吟


 この酒を売らせていただいてからかれこれ8年くらいになるが

 毎年、根強い人気があり、年によっては早々と品切れになる。

 この酒の特徴は一言で言うと「-13」という日本酒度にある。

 この表示は大甘口だが、口にするとその不思議なうまさに驚く。

 その「甘酸っぱいうまみ」とともにしっかりとしたコクや深みは純吟そのもの。

 しかも八反錦の米のエキスがじっくりと口の中に広がり、

 その特徴的な「酸」の個性的な活かし方が何といっても魅力的。

 
 南国、高知県のトロピカルフルーツのフレーバーと

 その米のエキスが複雑に交じり合ってこの一瓶に凝縮されている。

 本当に不思議な味わいが楽しめる。




本日は高知県の「亀泉 CEL-24」を紹介しました。

日本酒度-13という大甘口のお酒ですが、酸の高さと相まって

「甘酸っぱい」口当たりがなんとも魅力的な一品。

例えるなら、まるでお米のジュースを飲んでいるような錯覚に陥る。

大学時代、初めてこの酒を飲んだ時の衝撃はすさまじいものでした。

大学時代の飲み会に持って行ったら、

女性陣がおいしいおいしいこぞって飲み始め、あっというまに一升瓶が空に・・・

そんな日本酒の苦手な女性でも是非飲んでもらいたい逸品です!!

きっと日本酒に対するまた新しい見方ができる、そんなお酒です。



お求めの際は、ご来店または電話にてご注文下さい。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目

TEL:0166-92-1516 / FAX:0166-92-3618
スポンサーサイト
お盆も無事に過ぎ・・・

みなさん、お盆はいかがお過ごしだったでしょうか?

北海道ではお盆が過ぎると、もうすぐ肌寒くなってまいります。

半そでを着られるのは9月までといったところでしょうか。。



さて、お盆の期間中、多くのお客様にご来店いただき、

まことにありがとうございました。





やはり長期休暇とETC1000円が効いたのか

遠方より御越しのお客様が多くみられました。

一番遠い方は静岡県からでしたね^^;

さすがに私たちもびっくりしました(詳しく聞けば、里帰りのためのご来店でした)。

北海道まで2700円ほどで来たそうです、車で。

本当に元気な方ですね(笑)



せっかくの連休にわざわざご来店いただき、

本当にありがとうございました。

久しぶりに会った御家族で、当店のお酒をおいしく

飲んでいただけたら、本当にありがたいことです。

どうぞ、これからも土井商店をよろしくお願いします。



では、前回が長い話でしたので、今回は手短に終わりましょう。

今日のお酒は佐賀県、富久千代酒造(有)の「鍋島」です。



・鍋島 9号酵母 生もと純米   1.8l 2,900円
                   720ml 1,530円



鍋島 9号酵母 生もと純米

 香り、豊かで香ばしい。

 口に含む、まずその味の濃さに驚く。

 いわゆるコクがあるというレベルではなく、

 堂々としたふくらみと深さがこれでもかと広がる。

 そして、それもさすがに「この蔵の、この造り手の考え」といえる個性、

 生もと造りのたっぷりとした存在感あふれる酸と

 ふくぶくとしたうまみが舌にドンと組み立つ。

 その酸を包むうまさのレベルが非常に高く、イヤ味・雑味は微塵も感じない。

 日本酒度は+6と辛口で、ベタリとした甘さもなく

 バランスのよい味感と相まって、大変魅力的な一本としてお勧め出来る!


 さらりとした酒ではなく、

 しっかりとした飲みごたえを求める方へ特におすすめ!!




本日、ご紹介のお酒は佐賀県の「鍋島」です。

香り高く、味の濃さが非常に個性的。

うまみに深みがあり、堂々と舌に組み立つ様はまさに底を知らない。

純米酒でこの味の深みを出せるのはしっかりとした酸を造り出せる

生もと造りならではと言える。


社長のコメントのように、さらりとはしておらず

しっかりとした飲みごたえを持つお酒が好みの方はぜひお試しを!!




お求めの際は、ご来店または電話にてご注文下さい。




酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目

TEL:0166-92-1516 / FAX:0166-92-3618

 
日本酒の国際化


天気もようやく夏らしくなってまいりましたね^^

丘に登れば麦畑が広がり、じゃがいもの花が見ごろを迎えております。

そんなわけで、美瑛は今、観光シーズン真っ盛りでございます。



美瑛の丘はまるでヨーロッパの田園風景のようだと、

故:前田真三さんが写真をたくさん撮られて、

それが全国的に有名になり、今では北海道でも有数の観光名所となっています。

今では丘が植える作物によって様々な色で色分けされることから

「パッチワークの丘」とも呼ばれております。



美瑛町に来られる観光客の方は、

北海道内はもとより、北海道外からも多くの方がいらっしゃいます。

ここ数年は美瑛が中国・韓国のドラマで使用されたとかで

アジア系の観光客の方が数多くいらっしゃるようになりました。



ところで、最近店番をしていると、うちが酒屋か知ってか知らずか、

アジア系の方がご来店なさるときがちょくちょくあります。

先日は入ってくるなり・・・

「ジャパニーズ サケ なんとかかんとか 純米大吟醸 なんとかかんとか?」

と大変流暢な英語で「純米大吟醸」をお求めに来られた方がいらっしゃいました。



ここで、うちの店では私、四代目の登場です。

というのも従業員も社長も会長も、誰も英語がしゃべれないからです^^;

私も英語は多少知識はありますが、

いかんせん、大学で習っていた医学用の英語なので、

日常英会話なんて、ほとんどしゃべれません(笑)

でもなぜか私が対応をすることがほとんどです。。。。



で、その「純米大吟醸」ですが、

みなさんも知ってのとおり、多くの蔵元から純米大吟醸が出されています。

しかし、今回来られた「純米大吟醸」のアジアの方は

銘柄を指定してはくれません(まぁ、当たり前なのですが)。



そこからがすったもんだ(笑)

やれ、これは本当に純米大吟醸なのか、こっちも純米大吟醸って書いてあるだとか

要冷蔵って書いてあるけど国まで持って帰れるのか…

質問攻めにあう始末。

私の拙い英語ではもう説明するのに一杯いっぱい(==;)

どうにか、満足していただけたのか

「上喜元の純米大吟醸」を買って帰られました^^



最後にレジを打っているときに

「すいません、英語が上手じゃなくて…(by英語)」と謝罪すると

「大丈夫、そこらへんの日本人から比べたら上手だから(by英語)」と

慰めの言葉までいただきました(笑)

なんだか気恥ずかしいやらで「サンキュー」とだけ伝えました^^



にしても、日本酒が国際的に認知され始めているのにはびっくり。

以前は銘柄まで指定して買いに来られた方もいらっしゃったほど。

いまや、日本酒は日本酒ではなく国際酒となっているのですね。

日本酒が日本だけでなく、世界で飲まれているということは、

売っている側からしても非常に喜ばしいことのように思います。



さて、前置きが長くなりましたが、本日のお酒はこちらです。

当店では定番人気商品の、新潟県は渡辺酒造店の「根知男山」です。



・根知男山 純米吟醸  1.8l 2,980円


根知男山 純米吟醸


 色冴え良し、

 香りも派手ではなく、好ましく豊かなもの。

 まず第一の特徴は、堂々とした輪郭とコクに

 スパッと切れるようなシャープな飲み口に大変驚く。

 ほかの酒では見られない見事な個性。

 アルコール添加の本醸タイプのサラサラタイプで飲める

 辛口さとは全く違う、まさに「青竹をパンと割った」ような印象。

 このようなのど越しとサバケは、最初にも書いたが、

 しっかりとした輪郭を持つうまさのコクに大きく包まれている。

 飲み飽きせず、シャープな酸とスーッと消えゆくサバケのよさ…

 この一途さに、造り手の顔と個性が見られ、惚れぼれする。




当店では人気定番商品となっている「根知男山」の紹介です。

私自身も生まれて初めて飲んだのですが、

まさに、研ぎ澄まされた刀をイメージするような切れあがりの良さ。

うまみの輪郭もしっかりしてコクも十分。

やはりこの酒に人気が出るのには理由があると思ってはいたが、

本当に驚かされた一本。

暑い夏に冷やしたこの酒を飲めば、

まさにばっさりと刀で切られたようにすっきりすること、うけあい(笑)



在庫は常時あります。

お求めの際は、ご来店または電話にてご注文ください。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目

TEL:0166-92-1516 / FAX:0166-92-3618



 
お盆の営業について

ブログをご覧の皆様、

毎度おなじみ、土井商店四代目でございます。



さて、もうすぐお盆の季節ですね^^

来週末には帰省ラッシュが始まるんでしょうね・・・

私どもの親戚は北海道内に集中しているので、

特に帰省ラッシュに巻き込まれるということもないのですが、

本州は毎年大変そうですね(==;)

アノ高速道路の大渋滞

私にはとても耐えられそうにありません・・・

皆さん、トイレとかどうしてるんでしょうか(笑)?

北海道人にはなかなか理解できない状況ですよね?

皆さん、十分気をつけて帰省なさってくださいね☆




さて、今年のお盆シーズンの営業についてお知らせです。

毎週水曜日が定休日ですが、

お盆シーズンは8月6日~8月18日まで休まず営業いたします!!

営業時間は平日9時~19時、日曜10時~19時となっております。


お盆に実家に帰る際には、ぜひ土井商店のお酒を!!

久しぶりに顔を合わす親族と一杯飲みかわすのも一興かと思います^^

ぜひお近くをお通りの際にはご来店くださいませ。




では、今日もお酒の紹介にまいります。

本日は和歌山県、(株)九重雑賀の「雑賀」です。



・雑賀 吟醸   1.8l 2,380円 
         720ml 1,250円



吟醸雑賀


 香り、ブドウ系の香りがほのかに漂い、好ましい。

 口に含む。まず第一にきれいで輪郭のはっきりしたうまみが特徴。

 端正なコクと十分なオシ、サバケもさすが。

 酸は平均的で、そのうまみとのバランスも良し。

 吟醸は本醸造タイプだが、アルコール添加の雑味・苦味もなく、

 非常によくできた味。

 やや辛口で、この価格帯でこのうまさは特にお勧めできる。

 料理との相性も、魚・肉系問わず、このきれいな飲み口に

 オールマイティにマッチすると思われる。




今回ブログ初登場の「雑賀」です。

なんといってもきれいで端正なうまみが特徴のお酒。

雑味・イヤ味は全くなく、サバケも良いのでサラサラと喉に滑り込む。

決して派手ではないが、このきれいさが飲み手を安心させてくれる。

料理とのマッチングも選ばず、コストパフォーマンスもよく、

晩酌にももってこい!




お求めの際は、ご来店またはお電話にてご注文下さい。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目

TEL:0166-92-1516  / FAX:0166-92-3618
夏の風物詩

7月30日旭川で、道新花火大会が開催されました。

私どもも、会社ぐるみで花火見物に行ってまいりました^^


というのも美瑛町のとある組合の催しもので、

「ビールを飲みつつ花火を見る」をコンセプトに

今年で6回目となります。

私たち土井商店も毎年参加しており、

美瑛の組合からは総勢約50名ほどの参加でした。



なんと見る場所は、花火打ち上げ場所のほぼ真下!!

超特等席ですねぇ^^

下から見ても花火は丸かったです(笑)。

打ち上げ場所が近いから、花火が開く瞬間に


「ドスーン!!」


と、体が揺さぶられるような感覚に陥りました。

まるで大砲で撃たれたよう、とでも表現できるでしょうか。

今年初めての花火大会だったので非常におもしろかったです。

そして・・・



外で飲むビールが何よりうまかった!!



私の場合、花火見物よりビールがうまかった印象が強いです。

これだから呑んべえはだめですねぇ^^;



みなさんのお住まいの地域でも花火大会ありましたか?

夏の風物詩「花火」「ビール」・・・・

ぜひ一緒に楽しんでみてはいかがでしょう?



まぁ、このブログを読んでくださってる方も

多分に漏れず「呑んべぇ」でしょうから、

花火よりもビールのほうがいいんでしょうかね(笑)??

ビールもいいですが、花火と一緒に日本酒もいかがでしょうか^^?



さて、本日は広島県、(株)今田酒造本店の「富久長」を紹介します。


・富久長 中汲み槽しぼり 山田錦 純米吟醸  1.8l 3,150円
                           300ml 740円


富久長 中汲み槽しぼり

 香り高く、マスカットの様なブドウ系のもの。

 まず第一印象に口の中でもパッと明るくはじける味感が広がる。

 そして、そのレベルも高く、最近この様な飲み手の心を開かせる、
 
 明快でウキウキと楽しく飲める味・うまみにはなかなかお目にかかれない。

 南国の真っ青な空、キラキラと光り輝く陽ざしに波がさざめき・・・

 といった瀬戸内の青い海を連想させる味がやはり心に残る。



 ところで、この蔵のお嬢さんが杜氏で、女性らしい酒である、

 というか、それ以上に造り手の飲み手に対する

 「静かながら熱い思い」が込められているように感じる。

 やや辛口。

 お取引始めのころはやや味にふらつきがあったが、

 それが嘘のような出来。さすがと言える一本。



今回は広島県の「富久長」を紹介しました。

このお酒は、なんといってもそのうまみの複雑さがポイント。

口の中で、よじれていた糸がほどけるように、うまみが広がっていく。

その様は確かに飲み手の心を開かせるような、そんな明るいお酒でした。

「富久長」はこの蔵のお嬢さんが杜氏として活躍している蔵元さんです。

お酒もそうですが、リキュール類にも熱心に研究されていて、

このお酒もその熱心でひたむきな姿がにじみ出ているように感じます。

もし機会ありましたら、リキュールもお試しください。




お求めの際は、ご来店もしくは電話にてご注文下さい。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目

TEL:0166-92-1516 / FAX:0166-92-3618
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。