上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美瑛のお祭りも終了…

7月24日~26日まで、美瑛町でお祭りがありました。

しかし、三日間ともあいにくの雨・・・(;;)

気温も例年よりも低く、

もうお祭り気分なんかにはなれませんでした。。。

楽しみにしてたんですが、今年は祭り会場には足を運びませんでした。



だって雨は降ってるわ、気温は低いわ…

そんなんじゃ、せっかくの祭りの醍醐味、

「ビール」がおいしく飲めません!!

仕方なく、家で缶ビールで我慢しました(笑)



ところで、美瑛のお祭りで有名なのが

初日に行われる「那智 美瑛火祭り」です!!

和歌山県熊野那智大社に由来を持つお祭りで

人の背丈ほどもある重たい松明を担いで

練り歩く壮大なお祭りなんです。

昨年は20周年ということで、TV取材も行われ、

ダイドードリンコの「日本の祭り30選」にも選ばれました。

去年は考古学で有名な吉村作治先生も見えられました!

→考古学ファンの私はもう大はしゃぎです^^



去年は見に行ったのですが、

今年はなんと寝過して見逃してしまいました(==;)

来年こそは見に行くぞ!!




と、美瑛の近況報告が終わったところでお酒の紹介です。

本日は、山形県酒田酒造(株)の「上喜元」です。


・上喜元 辨慶 ben-kei 純米大吟醸  1.8l 3,900円
                      720ml 1,950円



上喜元 辨弁ben-kei 純米大吟醸


 「べんけい米」を40%精米、蔵元の話では非常に貴重な米だという。

 まず、色冴えよし。香りは若干熟れたコクワや山の果物のよう。

 口に含むと、まず、どっしりとしてかなり味感は重め。

 しかもトロリとした舌のノリ、口当たり。

 それも味にしっかりとしたコクと深みがあり、かなり個性的。

 うまみは口の中ですぐ開かず、一口、一口味わっていくと後から

 ゆっくりと喉の奥からわきあがってくる。

 その様は比類ない特色で、非常におもしろい。

 酸はたっぷりと存在感があり、米の特色を十二分に生かそうとする

 造り手の技量が余韻の一滴一滴に感じ取れる。

 やや甘口に感じられ、芳醇なこの一口はこの米の持つ可能性も

 飲み手に大きな期待として膨らまさせてくれる。

 ”引きずり込まれるような深い魅力を感じる”さすがの一本となっている。





今回は、季節彩酒に掲載した「上喜元 神力sin-riki」とは違う米で

醸したお酒の紹介です。

どっしりとした印象を最初に受けるが、舌にトロリと乗るところにまず驚く。

このトロみから生み出されるコクや深みは、最近飲んだ酒では

感じたことのないタイプの造りだった。

最初は引っ込み気味のうまみも飲み込んでいくうちに

徐々に口の中に広がってゆく。

まさに飲めば飲むほど、うまみが増してゆく。

日本酒としては確かに他にない特色の一本と言えるだろう。




在庫はまだ多少の余裕あります。

お求めの際は、ご来店または電話にてご注文下さい。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目

TEL:0166-92-1516 /FAX:0166-92-3618




スポンサーサイト
旭川丸井今井の閉店

昨日、7月20日をもって、旭川の丸井今井が閉店しました。

地元では「丸井さん」の愛称で親しまれ、

デパート最盛期のときには、人で賑わっていたことでしょう。

私も小さいころから服を買ってもらったり、おもちゃを買ってもらったりと

今でも行きつけの洋服店が入っていたり、

思い出深いデパートだったのですが、

ついに閉店という残念な幕引きとなってしまいました。



父の「季節彩酒」にも書いてあったが、

閉店が決まってからというもの、すごい多くのお客様が買物に来ていた様。

これが続いていれば、閉店に追い込まれずに済んだのでは?と

そんなことを感じたりはするが、

こうなってしまったのは、やはり販売形態の変化…

とりわけデパート離れが一番の大きな要因だったのだろう。

世の中を徐々に追いやってきた不景気が

消費者をデパートから、安い量販店に目を向けさせる結果となり、

その顛末がコレ。



お客様にも「丸井さんに対する愛情」があっただろう。

しかし、一向に回復を見せないこの不景気では、

確かにお客様の財布のひもを解くのは容易ではないこと。



今回のこの丸井今井の閉店。

私たち小売店も他人事とは思えないように感じる。

いつお客様が離れてしまうかもしれない、

いつ大不況が襲ってくるかもしれない、

そんな不安が時々頭の中をよぎることがある。

そうならないためにはいったいどうしたらよいのか。

その答えはきっと正解はないのだろうが、

おそらく「お客様に対する感謝をいかにお客様に形として還元できるか」

なのではないだろうか。



多くのお酒を売っているお店がある中、

遠くからガソリン代をかけてまでも買いに来てくれるお客様がいる。


土井の酒じゃないとだめなんだと、そういってくれるお客様がいる。


こうして私達のお店を選んでくれたお客様に対して

感謝の気持ち、その一言に尽きるのではないだろうか。

100点満点の答えではないかもしれない。

しかし、それがお客様・私どもともに心が通じ合う…

それが商売の真髄であり、本来あるべきお客様との形なのではないだろうか。




なんてことを、こんな若者が言っても重みがないですね^^;

なんとなくもの寂しさを覚えて筆をとった次第です。



さ、重たい話はここまでにして、お酒の紹介に移ります。

本日紹介するお酒は、新潟県、久須美酒造(株)の「清泉」です。


・清泉 亀の王 純米吟醸   1.8l 3,000円


清泉 亀の王 純吟


 言わずと知れた”亀の翁”米で有名な久須美酒造様より発売の限定酒

 毎年人気が高く、この酒のファンが増える一方。

 今年もさすがの出来!


 まず白桃のような瑞々しい香りがかすかに香る。

 口に含むと、スーッと舌に乗り、サーッと喉に消えゆく様は

 まさに「サバケ」の大変よい酒の見本ともいえる。

 しかもペラペラで水っぽいということは全くなく、

 しっかりとこの米と酒の持つうまみが舌の上にふんわりと優しく組み立つ。

 やや辛口で酸は平均的。

 味の深みや幅は、芳醇な高酸度タイプの純米・純吟から比べると

 若干少なめではあるが、この見事なまでの

 ”喉の奥に消えゆく引き際のよさ”はまさにこの酒の大変な魅力。

 スーッと糸を引くように、いくらでもスパスパ飲めてしまう。

 キリッと冷えた酒を味わう、正に夏にぴったりの一本である。




以前、ブログをご覧になられたお客様から

「サバケの良い」という表現が、いまいち酒の味としてわからないという

御質問がございましたので、今回はそのフォローのお酒の紹介です。

清泉の「亀の王」はまさにその見本ともいえる代表酒。

「サバケがよい」というのは上記でご説明のとおりですが、

表現を言い換えるならば、

・後味が舌にくどく残らず、さーっと喉に消えゆく様

・舌の上にいつまでも残らず引き際のよい様


といったところでしょうか。

うまみはしっかりと残りつつ、サバケが良い酒というのは

芳醇なタイプの酒ではあまりございません。

比較的淡麗な造りのものが多いように私には感じます。

サバケの良い酒をお求めのお客様はぜひ一度試してみてください。




非常に人気が高く、720mlは売り切れ、1.8lのみの在庫となっております。

季節限定商品のため、品切れの際は御勘弁願います。

御注文はお早めに☆



お求めの際は、ご来店または電話にてご注文下さい。




酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目

TEL:0166-92-1516  / FAX:0166-92-3618
結婚式に行ってきました!

昨日、大学時代の友人の結婚式に行ってまいりました。

彼女とは6年来の付き合いで、

いつも一年生のころから、「結婚したい結婚したい」と愚痴をこぼしていました(笑)

そのころから付き合ってた恋人と無事この春入籍。

なんと5年9カ月のお付き合いを経て結婚に至ったそうです。



結婚式も今流行の教会での挙式。

荘厳なパイプオルガンの中、二人は無事に結ばれたようで感動しました。



ところで、その後に開かれた祝賀会で、

私どものお店のお酒がなぜか登場しました(笑)

しかも、たいそうな紹介付きで・・・^^;



「本日はご参列者の皆様に、新婦様より、あの全国的に有名な美瑛町の土井商店様から

日本酒のプレゼントがございます!」

「銘柄も非常にめでたい、秋田県の”まんさくの花”でございます!」

「本日はその土井商店様のご子息も参列なさっています!」




など、”有名な”と”全国的に”は3回は連呼されたような気がします(恥ずかしくて覚えてません)。

本当に、恥ずかしいやら、顔が上がらないやら、何が何だか分からず、

大変気恥ずかしい変な体験をいたしました。

ですが、100名近くの多くの参列者の中でこういった宣伝をしていただいて

ある意味お得だったのでしょうかね(笑)?

新婦には本当に感謝ですね^^



同席していた友人たちも、

「自分たちの結婚式でもお酒使わせてもらうから~」と言ってはもらったものの

うれしいのはやまやまですが、あまり大げさに紹介しないでもらわないようにしないと^^;



にしても、結婚式に生まれて初めて出席して、

「結婚」って本当にいいものだな、幸せそうだな、と思ってしまいました。

嫁候補すらいない私ですが、より一層結婚願望が高まりました。



誰か、お嫁さんに来て下さい・・・(;。;)

絶賛彼女募集中です(笑)



さて、本日は「季節彩酒」に掲載できなかった商品を紹介します。

静岡県は、富士高砂酒造の「高砂」です。→あの「中屋」の蔵です。


・高砂 ”山田錦” 特別本醸造 辛口 1.8l 2,200円


高砂 ”山田錦” 特別本醸造


 香りは平均的、特に目立った特色はない。

 しかし、口に含むと、まさに「これぞ山田錦!!」といった

 米の力強さと、蔵の心意気をストレートに感じる。

 しっかりした辛口とコク、味の深みと幅は平均的だが、

 米のうまみ、キレ、酸の活かし方が抜群で、

 飲み飽きせず、するすると喉に滑り込んでいく。

 芳醇な味とのハーモニーが楽しめる1本となっている。

 このサバケの良さ、うまさとキレの良さ…

 料理にはオールマイティにマッチすると思うが、

 特にギョーザ、天ぷら、カキフライなど、脂っこいものにも

 決して負けない酒のうまみがここにはある。





今回、初入荷となる「高砂 特別本醸造」です。

この価格にしてなんと山田錦100%使用しております。

山田錦の米の強さが前面に押し出され、しっかりとしたコクがあり、

米の特徴を十分にとらえた、うまみ充分の仕上がりとなっている。

しかもコクもありつつ、サバケのよさも魅力的です。

味の強い料理にも決して負けない酒質はさすが「中屋」の蔵といったところ。

コストパフォーマンス抜群!ぜひ今夜の晩酌にどうぞ。




お求めの際は、ご来店または電話にてご注文下さい。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目

TEL:0166-92-1516 / FAX:0166-92-3618
七月半ばだというのに…

四代目、土井優慶です。

七月ももう半ばに差し掛かりましたね。





なのに何なんでしょう、この天気は…(==;)

普段なら七月に入れば25℃を過ぎる日もたくさんあるというのに、

全然カラッと晴れてくれませんねぇ…。

こうも天気が悪いとなんだか気分もすっきりしません…。

これって蝦夷梅雨ってやつなんでしょうか?

九州地方は無事梅雨明けしたようですが、

北海道はこの調子だとまだまだですねぇ・・・^^;





そーいえば、ちょっとマニアックな話になりますが、

みなさん、アニメの「エヴァンゲリオン」っていうのは知っていますか?

このアニメの中でなんと、山口県、旭酒造さんの「獺祭」が出ているらしいんです。

私も以前見たことがありますが、全く気が付きませんでした(笑)

その劇場版最新作がこの夏に上映されたことで、「獺祭」に火がついたようで、

ずいぶんと若いお客様が「獺祭」を求めてご来店になってるようです。

若い層に日本酒が浸透するきっかけになってくれると

同じ世代の四代目としてはうれしい限りなんですがねぇ^^

ブームはいつか去るもの・・・

でも、その前に日本酒の良さを若い層に伝えていければいいな、と思います。



さて、今日紹介するお酒は、石川県菊姫合資会社の「菊姫」です。

・菊姫 「菊」  1.8l 2,100円
        720ml 1,100円



菊姫 菊 

 先日ご来店くださった菊姫の和田さんとの色々な会話の中で、

 不景気で、お手頃な価格の酒が当店で売れているという話になった。

 そこで彼が当蔵の「菊」という日本酒がおすすめです、と提案してくださったので

 さっそく注文し、利き酒してみた。

 
 
 色はしっかりとしたテリがある。

 第一に、さすがに「山廃純米」が真骨頂の菊姫だけあり、

 どっしりとしたコク・オシが存在し、この価格帯にして

 この酒質は一朝一夕では表現できるものではない。

 さらりとした飲み口ではないが、蔵の「山廃酛(やまはいもと)」の答えを

 この酒のクラスにもきっちりと表現しているのはさすが。

 やや甘口に感じるが、イヤ味のない存在感の十分な酸が、

 うまみをしっかりと際立て、ペラペラな味ではない。

 

山廃に定評のある蔵「菊姫」からの当店新規取扱のお酒

充分な酸とうまみはさすがに造りなれている印象を受け、

このスペックにしてこの価格というのは、「菊姫」が長年にわたって

追及してきた酒造りの答えが、どんな酒にも決して手を抜かず、うまい酒を提供するという

蔵の意識が十分に表れているといってもいいだろう。




相変わらず不景気の話ばかりの世の中ですが、

当店は皆様のお財布に優しい酒も多数取り揃えております。

味は安いからと言って決して劣るものはございません。

普段の晩酌用に1本いかがでしょうか?




お求めの際はご来店、または電話にてご注文下さい。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目

TEL:0166-92-1516 / FAX:0166-92-3618
季節彩酒 夏号完成!!

みなさま、お久しぶりです。

土井商店、四代目でございます。

しばらく、「季節彩酒」の編集作業に追われ

ブログが更新できませんでした事をお詫び申し上げます。。


前回の記事で皆様にお伝えしました「季節彩酒」ですが、

ついに先日、ようやく完成しました!!

今回は新しく導入したデジタル一眼レフに振り回されて

思うように作業が進まず、やきもきしながらの編集でした(笑)

いやはや、文明の利器を使いこなすのには、頭が柔らかくないとだめですねぇ・・・^^;

昨日、発送作業に取り掛かりましたので

皆様のお手元に届くのはおそらく週明けかと思います。


今回も、この夏とっておきのお酒情報を皆様にお届けいたします。

御中元用のギフト商品から、ご自宅の晩酌用まで

幅広く品ぞろえしております。

年一回のみの入荷商品もありますので、

品切れはご勘弁ください^^;



また、今回私も「季節彩酒」に初投稿しております。

初めて故、色々とまどいましたが、どうにか完成に漕ぎつけることができました。

今回は中1ページを丸々と任されております。

私が四代目になった経緯やら、

四代目が選んだ「夏に飲んでほしいお酒Best Selection」も掲載しております。

是非読んでいただけると幸いに存じます。



さて、今回紹介するお酒は、「季節彩酒」よりお送りいたします。

秋田県は、日の丸醸造(株)の「まんさくの花」です。


・まんさくの花 「地震作」 Thanks Gold Blend 1.8l 3,150円
                            720ml 1,700円



まんさくの花 地震作Thanks Gold Blend

(瓶裏書より)

 早いもので、昨年の岩手・宮城内陸地震から一年が経ちました。

 その節は皆様から心温まる激励を賜わり、

 また、散乱し酒歴不明となった吟醸ブレンド酒「地震作:Survivor」に対して

 高評価を賜わりましたこと、衷心より御礼申し上げます。

 1年を迎えるにあたり、皆様からのご厚情に対し、何か感謝できる

 お酒はないかと思案、地震で亡失したお酒のブレンド酒を再現してみました。

 混合比率は亡失割合そのもの、大吟醸古酒など13種類のGold lendです。

 Survivorとは似て非なる「まんさくの花」の酒質を凝縮した

 自信作(地震作)を是非この機会にご用命いただきますれば幸甚です。


(社長利き酒コメント)

 香りは豊かで好ましいが、38%大吟醸などのブレンドのため、

 華やかで高いものではない。

 まず第一に、米の違いによるそれぞれのブレンドした酒が口の中で

 まるで映画のスクロールを見ているかの様に、次から次へと味わいが舌に乗る。

 単一のタンクそのものの瓶詰めではない、13種もの最高のうまさの原酒を

 ブレンドしているため、うまみが複雑に組み合い、

 まさにまんさくの七変化とも言えるお楽しみがこの一瓶に込められている。
 
 やや辛口で、コク・オシは十分。

 うまみの深さと円みもさすがで、こんな贅沢な酒が3150円とは・・・・

 なんとも、蔵元の粋な計らいに頭が下がる。

 まんさくの佐藤社長がいつも、お客様に感謝の気持ちをとおっしゃっていたが、

 まさに蔵元のお客様に対する感謝が表れた1本だろう。






昨年の岩手・宮城内陸地震で冷蔵庫内の1000本以上もの大吟醸が破損して、

その生き残った酒をブレンドし、Suvivor(生存者)として売り出した「地震作」が

多くのお客様に「うまい」と大好評!

そうして支えて下さったお客様に感謝のしるしをと蔵元が発売したのが、

今回の「地震作:Thanks Gold Blend」!!

なんと、地震で亡失してしまった大吟醸などの古酒の割合を、黄金律として

ブレンドしたお酒です。



幾重にも口に広がるうまみは、舌の上でどんどんと表情を変え、

お酒そのものがまるで変化しているようにさえ感じる。

あれだけおいしいお酒を造る「まんさくの花」が

贅沢にも13種類ものお酒をブレンドしたら、こうなるのかと

このうまみの秘密ここにあり、といった感想をうけた。

これが日の丸醸造さんが出した「お客様への感謝の気持ち」であると

まさに飲み手にその気持ちが伝わってくるような、そんなお酒でした。




なんと全国でたったの600本の発売!!

当店では80本の入荷です。


「季節彩酒」掲載商品のため、売り切れ御免!!

御注文はお早めに^^



お求めの際は、ご来店または電話にてご注文下さい。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目

TEL:0166-92-1516 / FAX:0166-92-3618
お買い上げポイント二倍のお知らせ!

皆様、いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

日頃からご愛顧いただいている皆様に感謝の気持ちとして、


7月1日より8月31日までの2ヶ月間、

当店のスタンプカードを2倍にさせていただきます!!




当店では通常、お買い上げ2000円毎にスタンプ1つを押させて頂いております。

40個いっぱいになりますと、2000円の金券としてご利用いただけます。

期間中、ご来店にてお買い上げのお客様には

スタンプを2倍にサービスさせて頂きます!



世界的な不況にもかかわらず、

それでも当店をご利用いただいているお客様に、

ささやかではございますが、当店からの感謝のしるしとして。。。



どうぞ、この機会をご利用くださいませ。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目

TEL:0166-92-1516 / FAX:0166-92-3618


酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。