上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの俳優さんが・・・

皆様、お久ぶりでございました。

4代目(予定)の長男でございます。


先日のニュースにびっくりされた方も多いと思いますが・・・

あの人気グループ「SMAP」の草薙さんが

まさか猥褻物陳列罪で逮捕されるとは・・・。



話によると、大変泥酔されていたようで、

血中アルコール濃度も0.8g/mlと通常の人では

昏睡状態になってしまうくらい飲んでいたようです。



「酒は飲んでも飲まれるな」

とは昔からよく言いますが、

まさにその通りですね。



私たちがお売りするお酒も、一歩間違えれば

人生を狂わしかねません。

私自身お酒で失敗したことがないわけではありませんが、

やはりお酒は「味を楽しめる程度、羽目を外さない程度」が一番ですね。



でも、きっと彼がああなってしまったのも

このストレスが多いこの社会では、

同情したい気持ちもわいてきてしまいますね。

「不景気」や「人とのコミュニケーションの変化」など

タレントさんも私たちと同じようなストレスを感じていたんでしょうね・・・。





さて、今日もお酒の紹介にまいります。

今日は広島県、金光酒造合資会社の「賀茂金秀」です。


・賀茂金秀 「蕾(つぼみ)」 辛口純米    1.8l 2,580円


賀茂金秀 蕾 辛口純米


 この蔵の新人蔵人が初めて仕込んだ純米酒で、

 その名もまさに「蕾(つぼみ)」。

 まず第一に名前のとおり、花開いているというよりは、やや味は堅め

 荒削りだが、どことなく笑顔が出てしまう魅力的な味があり、

 これはこれで楽しめる。
 
 うまさはゆっくりゆっくりと広がり、派手さはないが、

 コクのある辛口さと相まって、長い人生の路のスタートを振り返って

 色々な思い出にふけるにはちょうど良い酒かもしれない。





このお酒は蔵元の新人杜氏さんが初めて仕込んだお酒。

名前のとおり、まだ花開いてはいないが、

これからどんな色の花を咲かせるのか、

そんな期待感が持てる、思わず、人生のスタートと重ねて

自分自身を振り返ってしまうような出来となっている。

味はさすがに蔵元さんの個性が出ており、

コクのある辛口、ゆっくりと広がる旨みがポイント。

価格もお手頃です。



4月という新生活のスタートにはもってこいの酒ではないでしょうか?




お買い求めの際はご来店、または電話にてご注文下さい。




酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目7-15

TEL 0166-92-1516 / FAX 0166-92-3618
スポンサーサイト
雪も随分と解けました。

先日、札幌までとある目的でドライブしてきました。

すると、気がつかない間にずいぶんと雪が溶けていたようです。

道路の脇には残雪がほんの少し・・・

ふきのとうがぽつぽつと出ているところもちらほら・・・

しかも昨日にいたっては日中気温が19度もあったそうですし、

いよいよ春の足音はもうそこまで♪という感じですね。



普段は店番で、休みくらいしか外に出ていない私なので、

季節の移り変わりの早さに驚いてしまいました(笑)



さて、今日のお酒は秋田県日の丸酒造の「まんさくの花」です。


・まんさくの花 19BY 吟の精 純米吟醸 瓶囲い    1.8l 3,150円
                               720ml 1,800円


まんさくの花 19BY吟の精 純吟 瓶囲い



 赤いラベルが印象的なこの商品。

 まず素晴らしい香り、非常に豊かである。

 まず口に含むと、ふくよかで円やかな、コクのあるうまみが

 幾重にも重なって口の中に広がる。

 そして、そのレベルが高く、優しくもきめの細かい酸の広がりと組み合い、

 それがしなやかに広がってゆく。

 さすがにうまさの深み、幅も十分で、それらを引き締める酸も

 とても心地よいものとなっている。

 ”吟の精”の米の特色である、サラリとして、きれいなうまさと

 やや堅めに仕上がる味の繊細さよく表れており、いくらでもスルスルと飲める。

 そのため、引きの良さも楽しめる造りになっている。





今日紹介したお酒は

さすが実力の蔵と言える、米の特色を存分に生かした造りとなっている。

米の特色を潰さず、存分に引き出せるこの蔵の個性は素晴らしいものがある。

ふくよかなうまみが幾重にも重なって口に広がり、しかしくどくなく

サラリとしていて、飲み飽きしない。

さすが日の丸酒造さんらしいお酒といったところでしょうか。





お求めの際はご来店、または電話にてご注文ください。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目7-15

TEL 0166-92-1516 / FAX 0166-92-3618

入学式

北海道もずいぶんと雪解けが進み、

いくぶん春の訪れを感じられるようになりました。 

そろそろ、どこの学校でも入学式・始業式のシーズンですね。

おこさんが入学式を迎えるご家庭も多いのではないでしょうか?

皆さんの新しい門出を祝福いたします。



思い返せば、自分も幼稚園~大学まで両親に祝われて

こうして過ごしてきたんだな、と思うと感慨深いものがあります。

そんな親の気持ちも知ってか知らずか、結果的に

大学を辞めて家業を継ぐことにした私ですが、

親の気持ちを思うと少しやりきれなさを感じたりもします。



私も4半世紀しか生きてはいませんが

多くの出会いと別れを経験してきましたが、

今回の大学との別れは大きなものだったように感じます。

友人との別れ、恩師との別れ・・・

大学を半ばにしてやめるというのは後ろ髪引かれる思いもありますが、


しかし、家業を継いで、新しいお客様との出会いも非常に大きなものを与えてくれます。

これからはこの新しい環境での出会いを大切にしていきたいなと思います。

みなさま、お店で前掛けをした背の大きな青年にあったら、

温かい目で見守ってあげて下さい(笑)

私も精いっぱいお客様のために、「うまい」お酒を、「おいしい」喜びを

提供で来ていただけたらいいなと感じております。




さて、今日のお酒は、長野県の小野酒造店の「夜明け前」です。


・夜明け前 生一本 しずくしぼり 無濾過うすにごり    1.8l 3,150円


夜明け前生一本滴絞り うすにごり


 香り、新酒華豊か。

 まず第一にきりっとした引き締まった辛口さ、

 フレッシュな飲み口の中にしっかりとした存在感のあるうまさ、そのものが

 ストレートに舌の上に組立つ。

 酸は十分、かつ上品であるが、冷えているとやや引っ込み気味か。

 しかしペラペラではなく、コクも十分にある。

 ふわーと余韻に鼻に抜けるきれいな、ふくみ、戻り香。

 サバケ、切れもよく、いくらでもスルスルと飲める。

 飲み口の軽快さと相まって、どんな料理でも引き立てるであろう。





今日紹介したお酒は、無濾過薄濁りの「夜明け前」です。

新酒らしいフレッシュさを残しつつ、コク、酸十分。

やや辛口で、スルスル飲めてしまうサバケのよさ。

このお酒はこれからのシーズンも続きます。

色々な料理と相性がよさそうなので、春らしい料理もこれからたくさん出てくるので

そちらと共に味わっていただけたら、より一層楽しめると思います。



お買い求めの際はご来店または、電話にてご注文下さい。



酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目7-15

TEL 0166-92-1516 / FAX 0166-92-3618
新年度になりました☆

新年度初の書き込みになります。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

なかには進学・転勤・退職などで新天地へと移り住む方もいたのではないでしょうか。

異動される方たちにとっては忙しい新年度の始まりだったと思います。



さて、我が家も去る3月31日に決算を終え、

無事新年度を迎えることができました。

多くのお客様に支えられ、またこうして無事に新年度を迎えられることに

感謝の気持ちでいっぱいです。

またこれからも、土井商店をよろしくお願いいたします。



ところで毎度このブログを書いている私ですが・・・

事情がありまして、今年1月に大学を中退し、

今年4月より、正式に土井商店の4代目跡取りとして正社員に登用されました☆

(実は今まで後継ぎのいなかった土井商店・・・苦笑)

まだまだ至らない点も数多くありますが、

父である社長の背中を目標に、

そして多くのお客様との触れ合いの中から、

自分なりの「酒屋道」を究めていきたいと思いますので、

みなさま、応援よろしくお願いいたします。



さて、じゃあ今日もお酒の紹介です!

今日は岩手県の株式会社浜千鳥の「浜千鳥」です。


・浜千鳥 吟ぎんが 純米吟醸 生    1.8l 2,980円

浜千鳥 吟ぎんが 純吟生

 香りよし。

 口に含むと、第一印象は米の持つ優しさとふくよかで円やかなうまみが

 スーッと口の中に広がる。

 やや辛口で酸は上品、かつ豊かでバランスも良い。

 コク・オシは平均的で、なめらかな口当たりが特徴。

 余韻はやはり優しく続くが、サバケは良い。

 雑味、イヤ味はまったくなし。
 
 造り手の心豊かで、飲み手に楽しく味わってほしいという気持ちが

 しっかりと表れているような酒である。



さて、新年度第1号は「浜千鳥」です。

中でも吟ぎんがは当店でも人気の定番の商品です。

今回は火入れ前の「生」のご紹介でした。


優しくふくよかなうまみと、辛口さと酸とのバランスのよさ

そして余韻のきれいさが飲み手に飽きを来させない造りになっています。



お求めの際はご来店または電話にてご注文下さい。


酒正土井

北海道上川郡美瑛町中町1丁目7-15

TEL 0166-92-1516 / FAX 0166-92-3618
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。