上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
季節彩酒第126号発送

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

四代目、土井優慶です。


皆様には大変お待たせをしてしまい申し訳ありません。

本日、「季節彩酒第126号」と「番外編第12号」を発送いたしました。

今回は、旬の夏酒の特集です。

冷たい氷水にドボンと浸けて、キンキンに冷やして…

あっつい夏を乗り越えるのには最高の風物詩!!

バーベキューに焼き鳥、夜の晩酌にもぴったりです。

どうぞお好みのお酒を見つけて、楽しんで下さいね^^



さて、今年もこの商品が入荷しました…

・田酒 山田穂・短稈渡船 純米大吟醸 

720ml 2本セット 10,000円




田酒 山田穂・短稈渡船セット


毎年、この時期に発売される幻の田酒セット。

当店にはわずか15セットのみの入荷ですが、

一昨年、昨年も「アッ」と言う間に無くなってしまいました…

ご注文はお早めにお願い致します。

まさに超限定の田酒、ぜひ味わってみませんか?


(以下蔵元説明文)

 数年前より、現在の酒造好適米の最高峰といわれる「山田錦」の両親である、

 父親にあたる米の「山田穂(やまだぼ)」、

 母親にあたる米の「短稈渡船(たんかんわたりぶね)」を使用し、

 酒造りを実施してまいりました。

 そして今回ついに販売に漕ぎつけることができました!

 この酒は、それぞれの米を40%まで精米し、全く同じ条件で低温により

 じっくりと吟醸仕込みされ、さらに瓶詰めの後、氷温により

 1年間熟成をさせた純米大吟醸酒です。

 「山田穂」・「短稈渡船」それぞれ1本づつ、2本で1セットとして販売いたします。 

 是非、父親・母親の味の違いを飲み比べによりましてお楽しみください。









スポンサーサイト
今年も入荷しました!!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

四代目、土井優慶です。


今年も「まんさくの花」の蔵元から、あの限定酒が入荷致しました。

・まんさくの花 純米吟醸生原酒 荒走り・中取り・責め取り 1.8L 3,150円
                            720ml 1,680円


まんさくの花 純米吟醸生原酒 荒走り中取り責め取り()

 まんさくの花ファンにおすすめする、とっときの商品です。

 ひとまずお知らせまで。

 今年は720mlも入荷しております。

 「一升瓶で呑み比べはちょっと大変…」というかたはそちらで試してみてはいかがですか??
しばれますねぇー

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

只今、店頭にてお買い上げのお客様に3月31日までスタンプ2倍キャンペーンを行っております。

雪道、遠路よりのご来店に感謝してのサービスです。お気をつけてお越し下さい。

お待ち申しあげております。


今日は小正月ですが、連日、しばれますねぇー。

私ごとですが、我が家のわんこ「アイン」の散歩が身にしみます。

たかだか15分くらいの散歩なのですが鼻がくっついてしまいます。

雪やこんこん、あられやこんこのあの歌、犬はまさに庭駆け回っております。

去年、18年飼った猫も亡くなって淋しいかなと思ったのですが猫より犬のほうが

手が数倍かかりますね。息子にせがまれて飼ったのですが、お嫁さんをもらって

引っ越してしまったので結局、私が面倒をみることに・・・

でも、かわいいもんですねぇー。いつも一人でお留守番はするし、そそうはしないし

玄関で帰りを待っててくれるし、閉店しておうちですごす数時間がなにより

大好きみたいです。今年で4歳、長生きして欲しいです。


さて、今日のお酒のご紹介です。

山形県酒田の酒田酒造さんの「上喜元 出羽の里 生酒」

1.8リットル  2,090円
上喜元 出羽の里


 去年、大好評で品切れしていたがやっと新酒で入荷。

 香り、フレッシュで好ましい。まず第一に米のエキス分がギューッツと凝縮

 されてうまみそのものが深く、厚く感じる。

 その味感で2090円の価格では信じられないほど豊かな表情と米の持つ多彩な

 うまさが口の中に広がり楽しめる。

 コク・オシは充分。酸は上品でバランス良くやや中庸な甘辛のレベルと

 相まって幾重にも広がりスルスルと軽快に飲める点もこの酒の魅力。

 しかし、何といってもこの蔵の米の長所を生かしきる技術の高さはさすが。

 生酒のフレッシュさもあり、旬のオススメの一本としておすすめしたい。
忘年会シーズン

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

四代目、土井優慶です。


そろそろ忘年会のシーズンです。

店頭でも、「みんなで飲むお酒を買いに来た」と

是非美味しいお酒を選んでほしいという方が

数多くお見えになる季節になりました。

今年は家飲みで忘年会をする方も多いようです。

皆様はもう忘年会は済みましたか??


土井商店も忙しさにかまけて、なかなか忘年会が出来ませんでしたが、

昨日の閉店後、みんなでご飯を食べに行きました。

おかげさまで、店頭も発送業務も忙しく、

定時に夕食を食べられない年末は時々こうして従業員も合わせて

近所の居酒屋さんにご飯を食べに行きます。

そこで飲んだのが、「季節彩酒」発行後、皆様から多くの御注文を頂いた

「鳳凰美田 青ラベル」!!

「季節彩酒」発行時には商品到着がまだだったので、

利き酒ができずにいましたが、ようやく利き酒の機会に恵まれました。

やはりお客様に味を説明するには飲まなきゃわからないですから^^



鳳凰美田らしい華やかで上品な香りと、南国果実を思わせるような広がりのある旨味。

さすがの一本でした。

「これはお客様に提供しても納得して飲んでいただける」と全員が太鼓判でした。

まだ入荷の予定がありますので、ぜひ多くのお客様にも飲んでいただきたい商品です。



ところで今年は「忘年会」を「望年会」と謳って、

来年を“希望”の年にしようという居酒屋さんの販促の話が新聞に載っていました。

大喜利なら座布団一枚、というところでしょうが、

確かに今年は大震災があり、忘れたくとも忘れられない年になりました。

来年こそはみんなが笑って過ごせる希望の年にしたい。

そして、日本はまだまだやれるんだという庶民の声が聞こえてくるような気がして

何とも感慨深くなりました。

まだ今年も20日ばかりありますが、今年を振り返りつつ、

希望をもって新年を迎えたいですね。



前置きが長くなってしまって申し訳ありません(笑)



さて、今日紹介するお酒は秋田県、日の丸醸造の「まんさくの花」です。

実は「季節彩酒」に載せた「まんさくの花 超限定」が多くのお客様のご支持を頂き、

あっという間に完売となってしまいました。

そこで蔵元さんからとっときの限定酒を掘り出してもらい、

蔵元さんにあった在庫を当店で全て買いつけました!!

…つまりは、超限定の上をいく「超限定」の商品です。

そのお酒を今日紹介いたします。


・まんさくの花 3年熟成 純米吟醸「吟熟」 1.8L 3,150円

まんさくの花 3年熟成 純米吟醸「吟熟」
 
 今年も3年熟成の「吟熟」の“掘り出し物”が

 全国たった480本限定で発売となった。

 今年の「まんさく」はどれもが大当たり、「超限定」もすぐに完売!!

 「3年山廃純米大吟醸」も素晴らしかった。

 どれもがいまだにお客様から「うまかった」「もうないの?」のラブコールの嵐。

 そして蔵元の奥の奥の冷蔵庫から最後の掘り出し物。

 当店に120本、頼み込んで入荷!もう蔵元にも在庫はないとのこと。

 
 まず、「やっぱり旨い」の一言。

 若干「3年山廃純米大吟醸」から比べるとまだカタいが、

 円熟味、しかし旨味の輪郭の境界線がはっきりする程

 シャープで冴えたキレもある。少し冷えているとやや辛口。

 コクも充分で酸もたっぷりあるが、まんさくらしいのは

 ふくよか、かつ円みや優しさが兼ね備わっていること。

 味の設計が素晴らしく、ゆっくりと蔵元さんでお休みしていたお酒が

 今、目を覚ましてお客様の口元に届く。

 “寝る子はよく育つ”の典型で、この価格も非常にお得。
季節彩酒 冬号起稿

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

四代目、土井優慶です。



お待たせいたしました。

今年最後の発行となる「季節彩酒 冬号」、起稿いたしました。

今、社長が隣でぱちぱちとキーボードとにらめっこしています。



私の「季節彩酒 号外~酒屋見習徒然草~」はというと…

まだネタすら考え付かない状況です(T_T)

早く書かなきゃと思えば思うほど、焦って何も考えられなくなるんですよね…

まずは表紙のネタ探しから頑張ります(笑)



「季節彩酒 冬号」が皆様のお手元に届くのは11月下旬になると思います。



今回は冬の限定商品の紹介がメインとなります。

しかも年一回のものも多く、数量限定での入荷です。

「季節彩酒」は一回に4000部発行しております。

ですので、早々と品切れになる商品もあると思います。

ぜひ、ご希望の商品がある場合は早めのご注文を宜しくお願い致します。



ところで先日、まんさくの花の佐藤社長さんが年末商戦の挨拶に来て下さいました。

「今年のまんさくの花の暮れの限定品はどれも渾身の出来です」

「どれも量は少ないですが、高品質・少量販売です」

と社長さんお墨付き!


私達のお店を支えて下さる大きな柱の一本である「まんさくの花」

今年はより一層力を入れて年末商戦に臨みたいと思います。

この「季節彩酒」にも「まんさくの花」を大々的に取り上げていきます。

ぜひ、年末年始のご挨拶やご家族の団欒に一本加えて頂けると幸いです。

「まんさくの花」を全製品取り扱っているのは北海道でも私どものお店だけです。



それではお酒の紹介です。

前述の通り、今年は渾身の出来だと言う一本を取り上げて利き酒しました。

今日は秋田県、日の丸醸造さんの「まんさくの花」です。

・まんさくの花 超限定 純米大吟醸45% 1.8L 3,150円

まんさくの花 超限定 純米大吟醸

 冷えていると香りやや少なめ、しかしリンゴ系のもので好ましい。

 まず第一にピーンと張り詰めた造り手の琴線が

 口に含んだ瞬間にまるで我々、飲み手の心を紡ぐかのように

 一体感となって大きく振れ始める。

 それがなんとも表現のできない魅力となって、幾重にも押し寄せる。

 単純に「うまい」と一言で言えぬ、あふれ湧きでる

 甘味な泉の一滴一滴と、ほとばしる知性を持つかの如く

 訴えかけてくる“魂”の言霊。

 まさに蔵の魂の熱く、静かに燃える“伝心”といえるだろう。


 年間600本発売のうち、当店入荷は約100本。

 お早めにどうぞ。
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。