上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決 算


いつもブログをご覧いだきありがとうございます。


今月31日は当店の決算日です。水曜日なので本来なら

定休日なのですが5時頃まで営業して閉店後、棚卸です。

今期も皆様に支えられて終えられそうです。

しかし、景気が悪く、厳しい大変な一年でした。

ご愛顧ありがとうございました。



国会の予算もやっと成立しましたが、私達の生活に反映されるのは

まだまだ先。

まずは子供手当が早急に、配られるようですが、私達世代は

親が貧乏しても子供にかかるお金は何とか工面したものです。

そういう親の姿を見て、自分も親になったらこうしたいとか

思うと思うのですが、将来の金の卵も国がお金を出すのですから

何かどこか違うような気がします。そのお金だって、本当に

子供に使われるかどうかだってわかりませんよ。国民は今、

本当に生活に困っていますから。


家にも札幌に住む二男がいますが、生活していくのがやっと

みたいです。少しばかり援助はしていますが、親のほうが

干上がりそうです。なかなか親の言うことを素直に聞き入れて

くれなくて困りものです。今の職場も社会的保障が何もないんですよ。

明日から来なくていいよっていわれたらどうするんだろうって

結局は親の出番になりますよね。

いつになったら一人立ちしてくれるのでしょ。

愚痴ってしまってすいません。


もうじき4月、真新しい小学1年生や高校生・大学生、スーツにみをくるんだ

社会人一年生が誕生します。おめでとうございます。

来期こそは、経済に明るい日差しが降り注ぐことを期待したいです。



さて、今日は珍しいお酒を紹介します。

日本酒が得意なのはもちろんですがワイン・焼酎などの

品揃えも結構あるんです。



沖縄県宮古島の銘酒 千代泉酒造所 琉球泡盛 千代泉「稲穂」です。


琉球泡盛 千代泉「稲穂」黒麹仕込み 25゜ 1.8L 1,980円



千代泉 稲穂 泡盛 



 「へー珍しく北海道の酒屋が泡盛を勧めるのー」と言われそう。

 でも随分前から、沖縄の志しある正統の酒屋さんから仕入れているが

 平均的に売れている。

 さすがに日本酒や九州の焼酎のような量ではないが

 最北、極寒の地から旅行で沖縄を訪れる人も多く

 旭川空港から直行で「泡盛ありますか?お土産がたりなくなって・・・」

 など色々な要望が増えています。

 
 香りは南国のフルーツのように甘く刺激的ではない!

 自分自身、あまり馴染がないので、邪道かもしれないが

 ウイスキーの様にオンザロックや水割りがいいかな。

 ドラマなどではお湯割りのシーンをみたりするが

 北海道の暖かい部屋ではヤッパリそれがいいかなと思う。

 米焼酎の平均的なコクにやや複雑な熟成味が幾重にも

 舌を楽しませてくれる。以外にスーッと飲みやすい。
 
 冷えているからサラリとした飲み口だが決してペラペラ

 なものではない。飲みこんでいくと造り手のものすごい

 思いが一滴一滴に日本酒とはまるで違う「魂」更に

 歴史と風土が凝縮した篤いものを感じる。

 南北に長い日本列島の端から端の酒文化の架け橋になるよう

 北の大地でこの様な南国の伝統酒を伝えられたらと思いながら

 杯を置く。
 
 








スポンサーサイト
酒正(株)土井商店

Facebookページも宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。